読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

帰ってきた海つばめ

 先月末、身体に装着した人工膀胱を交換しに病院へ出かけた。

 腹が痛いので伝えると検査になり、その結果、手術痕にばい菌が入っていると指摘された。

 そして、そのまま入院という事態に。

 今日は外出という理由でブログ更新を手がけています。

 世の中は相変わらずのようで。

 二度も三度も騙されるというか、騙されたフリをする世界。

 アメリカがベトナム戦争北ベトナム空爆し始めた口実が、トンキン湾でアメリカの巡洋艦が攻撃されたという理由だった。

 アメリカの軍艦がどこの海域にいたのかは問題視もされなかった。

 それよりも、そもそも北ベトナムの艦艇による攻撃はなかったそうだ。

 そして、史上最大の虚構が世界にバラ撒かれたのは……。

 アメリカへの奇襲「神風特攻」だった。

 タリバンの犯罪という噂が流され、それは事実として世界が信じ込みアメリカの「正義の戦争」を熱狂的に支持した。

 さらに、流されたのがフセインの独裁と大量破壊兵器保有するイラクという妄言だった。
 
 そんなものは全くなかったという定説もあるのにメディアはそれを無視し、今回はシリア政府が化学兵器を使用したというアメリカの主張をそのまま鸚鵡返しするだけ。

 我が国政府もアメリカの尻に付いていくという姿勢から一歩も抜け出さないで、またまた「正義の戦争」を必死になって支持する。

 過去の実例を提示して安倍晋三を諌めるメディアも政治家も存在しない。

 ますます日本の行く先に暗雲が漂うようだ。

寄付はしておくべきだ

 《今月12日に施行された改正道路交通法で運転免許区分に車両の総重量を3・5~7・5トン未満とする準中型免許が誕生した。宅配便などで主流の大きさのトラックが対象車両に含まれ、車の運転経験がなくても18歳から取得でき、高卒新人の採用を再開した運送会社もある。ただ、10歳代の交通事故率は高く、事故被害者の遺族らは安全対策の徹底を求めている。‥以下略》=17年03月26日 09時55分 読売ニュース=。

 寄付はしておくべきだな。

 いざとなればちゃんと見返りになる施策を決めてくれる。

 運転手不足の業界にはそれに見合った新設の免許制度の創設。

 その前の改定では4トンまでしか運転出来ない普通免許で6トンのトラックを動かせるように免許制度を変えてくれた。

 寄付金が少ない中小・零細企業は切り捨て政策かろくな施策を受けられないというのに。

 

稼働中のフォークリフトに近寄るな❗️

《 ヤマト運輸神戸深江支店(神戸市東灘区深江浜町)で十分な安全対策を怠り、重傷事故を引き起こしたとして、西宮労働基準監督署兵庫県西宮市)は24日、労働安全衛生法違反の疑いで、法人としての同社と男性支店長(47)を神戸地検書類送検した。

 書類送検容疑は昨年11月25日、同支店の作業現場でフォークリフトを使った運搬作業をしているにもかかわらず、派遣作業員の男性(60)を立ち入らせたとしている。男性はリフトにひかれ、右足を切断するなどの重傷を負った。

 同労基署によると、現場には誘導員が配置されていなかった。》=産経新聞 3/25(土) 8:32配信=。

 普通はリフトが動いているそばに近づかないように注意するのだが。

 どうしたんだこの作業員は❔。

 ほとんどの作業場では誘導員が配置されることはない。

 リフト免許の講習でもそんな注意を受けた記憶はない。

 自動車の運転でも前後左右に注意を完全に向けるのは絶対無理だ。

 後方に下がろうとして消火栓を破壊した本人が言うのだから確かだ。

 自分が立っているところにリフトが近づけば避ける行動をとるのは自然なのだが。

貧乏最強

 タレントが集まって誰が一番かを競う番組、ではなく誰が一番最低のエピソードを披露してくれるかを売りにする「明石家さんまのコンプレッくすつ杯」。

 四人で1グループになって自身の貧乏自慢を語った「貧乏グループ」が優勝した。

 その中身を紹介するブログではないし、出演しているタレントも全員の名前を知るほど芸能通ではないからそれは省略する。

 一つだけ披露すると蟻を食べたという女性タレントがいたのにはそれまでの貧乏話の覇者風間トオルもびっくりしていた。

 さて、ほぼ同時刻に放送されていた「中居正広のキンスマスペシャル」という番組にも、「極貧生活から大逆転」というコーナーがあった。

 他人の貧乏物語は面白いが、だからと言ってそれを主にした番組作りをするという安易なテレビ局。

 最近のテレビは芸能人のプライバシーを切り売りする企画が多すぎるようで、政策企画能力が劣化しているようなテレビ局。

麻生は笑い安倍は苦渋

 知能が少し低いように見受けられる妻、その結果だからかやることがおかしい行動を取ってしまう.

 今日も野党の追及を受ける安倍晋三は激昂するのでもなく、憔悴した表情を浮かべて質問をかわしていく。

 安倍は辞任の決意を麻生に漏らしたのか❔。

 野党の嫌味な質問に答える安倍晋三の後ろの待機席で麻生太郎はニコニコ、ニヤニヤしている。

 あれは明らかに次はお俺が総理大臣だと、喜びを抑え切れない歓喜の表情だ。

 原稿を読めない二人目の総理大臣か。

ゴルゴ講師となる

 《外務省は、世界各地でテロ事件が頻発しているのを受けて、海外に赴任する企業関係者らを対象に、劇画「ゴルゴ13」の主人公が安全対策を指南する新たなマニュアルを作成し、22日からホームページで掲載を始めました。‥‥以下略》=3月22日 20時08分 NHKニュース=。

 安全対策を教えるゴルゴは想像するだけで楽しい。

 あの顔でみんなの前に立ってどんな喋りをするのだろう。

 いきなり、俺の背後に立つなと言いながら銃を乱射しないだろうか。

 安全指南よりもゴルゴ13に海外へ同行してもらって警護してもらったほうが安心だと思うが。

 そういえばゴルゴ13は偽造旅券しか持っていないから合法的活動はできないのか。

まあ、あんなものかな

 ピラミッドの頂点に立つ権力者はこうあるべきだ。

 石原慎太郎脳梗塞の後遺症に悩まされながら私たちに大事なことを教えてくれた。

 興味ある事柄は熱心んに遂行するがそうでなければ部下任せ。

 天皇も、重臣や侍従からの報告に「あっそう」と頷いているだけで、局面では「御名御璽」を押すだけ。

 それが生き方だった。

 無能な独裁者の下で暮らす国民と、有能な独裁者の下で暮らす国民とどちらが幸福なのだろうか。

全力で安部打倒

 《安倍総理大臣は17日午後、衆議院の外務委員会で「私は寄付を行っておらず、妻個人としても寄付を行っていない」ときっぱりと否定しました。一方で、昭恵夫人が籠池氏側とメールをしていた事実を認めました。》=テレビ朝日 17/3/17=。

 夫に報告もしないで名誉理事長就任。

 大麻解禁に理解を示す。

 政府の意向とは違う方向へ走っている総理夫人。

 そして、問題発覚後、夫も迷惑している人物とメール交流。

 これはあれだな、意図的に晋三打倒に走っているとしか考えられない。

 自由奔放な安倍昭恵安倍晋三を倒すのか。

 前代未聞の事態を目にする日も近い。

10年前から金欠病

 《前略 政治資金収支報告書によると、稲田氏の資金管理団体「ともみ組」に対して07年3月12日、籠池氏夫妻がそれぞれ6000円を寄付した。籠池氏は過去に使用していた「籠池靖憲」名義だった。‥‥以下略‥‥》=毎日新聞2017年3月14日 18時21分=。

 社会的に学園理事長という籍にあれば、見栄からしても数万円の寄付をすると思うのは常識がないのか。

 まして、相手が思想的にも相通じる政治家なら当然だ。

 もし少額の寄付になるにしても5000円というキリのいい額に普通の人はしている。

 手持ちが6,000円しかなかったのか❔。

 稲田が失礼なことをされたと指摘するのはこの少額寄付の件ではないのか❔。

 政治家としての稲田朋美がバカにされたと感じたようだ。

 勝手な推量だが。

お間抜けがまた一人

 《大阪市の学校法人「森友学園」が大阪府豊中市で建設を進めていた小学校を爆破するとインターネット上に書き込んだとして、大阪府警豊中南署は14日、威力業務妨害の疑いで、川崎市中原区上小田中2丁目の志村哲也・大学非常勤講師(42)を書類送検した。
 送検容疑は2月27日午後0時35分ごろ、自宅のパソコンでインターネットの掲示板に「安倍晋三記念小学校を爆破する」などと書き込んだ疑い。‥‥以下略‥‥》=サンスポ 17.3.14 12:27=。

 本当に講師か❔。

 いくら非常勤といえど新聞やテレビぐらいは見ているはず。

 そこには、しょっちゅうのように「書き込み」による逮捕者のニュースが出ているのに。

 まさか、自分は捕まらないと思ったとしたら余程の間抜けだ。

 どこの非常勤講師を勤めていたのか知らないが、教えられていた生徒は気の毒だ。