嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

消滅する社民党

 

衆院選公示後、初の週末を迎えた14日、与野党各党首は各地で支持を訴えた。


 立憲民主党枝野幸男代表(53)は、「東京大作戦1014街頭演説会」と銘打った遊説ツアーを都内3カ所で行った。吉祥寺、新宿、池袋で「立憲民主党を作ったのは枝野幸男ではありません。あなたです。みなさんの戦いなんです。一緒に戦いませんか」と呼びかけた。


 吉祥寺は「首相演説級の人出」(地元有権者)。新宿駅東南口の広場は満員となり、駅の階段や陸橋の歩道でも大勢の聴衆が足を止めた。各地で「枝野コール」がわき上がった。党発表の聴衆数は吉祥寺2000人、新宿2500人、池袋2000人の計6500人。党では「3カ所でいずれも2000人を超えるのは、民進党時代ではなかった反応」とした。


 新宿には漫画家小林よしのり氏や元政治団体「一水会」最高顧問の鈴木邦男氏も駆けつけた。小林氏は「希望の党自民党も保守じゃない。枝野氏の方がもっと保守。小池百合子前原誠司は腹を切れぇ!」と絶叫した。》=17年10月15日8時51分 日刊スポーツ=。


 ウーン、元新左翼新右翼からの支援を受ける。


 世の中は変遷しつつあるが、それがいいのかどうかは将来に委ねられる。


 かつては「革新」が格好よかった。


 街頭にはヘルメットをかぶゲバ棒を持った学生が溢れていた。


 彼らはどこへ行って行ってしまった、もう帰らない。


 それにしても希望の党やら立憲民主党やら様々な政党がマスコミに取り上げられる中、社民党は何をしているのだ。


 白眉毛の裏切り者を除名して第二社会党に礼を尽くして戻って貰うという決断をすれば多少は党勢回復につながると思うが。


 まあ、古い精神構造の社民党には無理な注文か。


 思えば立憲民主党の立ち位置というのは、かつての社会党だったはずだが。

民主主義とはから勉強し直せ

  《民進党は全国幹事長会議を開き、希望の党に合流する方針について前原代表が地方組織の幹部らに理解を求めました。

 民進党・前原代表:「私の責任としては、一刻も早く皆さん方の不安を解消するために公認候補を発表する手順を取らなければいけない、ということについては十二分に理解をしています」
 会議は約4時間に及び、出席者からは「希望の党に主導権を握られているのではないか」「無所属で立候補する人の扱いはどうするのか」といった不安の声が相次ぎました。希望の党のなかから「候補者を選別する」との発言が出ていることについて、前原代表は小池代表に抗議したことを明らかにしました。‥‥‥以下略‥‥》=17/10/01 06:20=。

 いつまで経ってもバカっぷりを晒す政治家。

 民主党から民進党に改称しても、その中身が変わらない限りどうしようもないバカを晒す。

 かつて、代表は党首討論で「消費税をアップすると約束するなら解散する」とテレビカメラの前でどうしようもないアホであると証明する発言をした。

 民主党の議員の中に事前の協議をしていた人たちはいたのだろうか。

 もしその上でこのような発言をさせたとすると、大勢のバカがいたという証明だ。

 消費税率アップを野党に約束させ、それと交換に解散を公約する総理大臣。

 歴代の自民党総理にもそんなバカはいない。

 施策である税率アップと衆議院の解散、それがなぜ交換できるのか❔。

 私には理解できなかったが、メデイアは疑問も持たなかったようだ。

 その流れを持ったまま民進党に改称し敗北していった政党。

 彼らの敗因はもう一つ、党内民主主義を知らなかったことにある。

 討論を重ねて決定するという当たり前の事実を実践できなかった点にある。

 旧社会党もそうだが、難しい問題が起きると「一任」という解決手段をとって、自らの責任を放棄してきた。

 今回も前原に一任という決定をし、その前原は小池百合子の口先三寸に丸め込まれた。

 記者会見でも決して「明かさない本心」を本心であるかのように話す女狐、デイベートを学んできた印象を受けるのは私だけか、

 そして、他人を利用することで自らの立場を上げていこうとする政治家。

 今回の騒動の背後には小沢一郎がいるともっぱらの噂、というか、複数の評論家・解説者が話しているのだから多分事実だろう。

 今の日本は雄狸と女狐が暗躍する政治になってしまったのか❗️、クワバラクワバラ。

メス猫1匹に大騒ぎ

 メスネズミと表記するのも失礼なのでメス猫と書いてみた。

 壁の穴からチョロチョロ顔を出してチューチューと鳴くと、周囲がキャーキャー騒ぐ。

 ネズミ退治より、あれっ、いつ間にか「ネズミ」と書いていた。

 ここは謝罪して訂正。

 元々が野合した連中だから解党しようが「希望の党」に合流しようがどうでもいいが、こんなくだらない「政治」家のやることにウロウロするメディアの情けなさ。

 「いつかは総理大臣」という野望を持つとは紹介されるが、その背景や思想について解説するメディアはいないようだ。

 ちらっとどこかのテレビ局で「以前に東京を税特区にする方針を示した」と報じられた。

 税特区❓外国企業が進駐しやすくするためか❕。

 カイロ大学という中東の学校にわざわざ留学した理由は❓。

 父親はあるグループが支配している石油を輸入していた。

 そして、娘は外国企業優先の心❔を持っているようだ。

 希望の党とやらを結成する動きも「陰謀」的裏行動。

 「私はこう思います」と発言しないで政党結成準備を進めるやり口は‥‥‥。

 それにしても、「政界再編」を唱えた小沢一郎は見事なまでに日本政治を混乱させ破壊した。

まともな政治家はいない野田

  総務大臣野田聖子、またまた将来の総理候補にとんでもないスキャンダル。

 ♫私の私の 彼は ヤクザ者♩だったようだ。

 自民党政調会長やら幹事長やらもそれなりのゲスい顔をしているので、国会議員が全てそうなのだろうか。

 やはり、明治戦争以後に、敵対者や資産家を殺してそこの家族として入り込んだと言われるのは事実だったのか。

血は争えないようだ

 

 「私は私の好きなように政治を行うのだ。それがどうした文句があるか」

 まあ、そんな風に言われれば誰も文句を言えないのが権力のトップに着く暴君ネロならぬ暴君安倍」

 何しろ、国のカネを分捕るような「特区」制度を作って仲間に分配するような腹黒い政治家がやることだから暴君どころではない。

 小泉純一郎が始めた自分と身内の懐を潤す政策のロコツさに異を唱えない自民党議員の腰抜けには呆れ返る。

 千両箱に手を突っ込んで大量の小判を懐にねじ込む泥棒たち。

 明治維新に活躍した「志士」と呼ばれるイカサマ師たち。

 勤王を唱えて藩から金子(金子)を奪い、商人の家に押し入って乱暴狼藉。

 そういう不逞浪人の血を引く連中に支配される今の日本。

 考え過ぎだろうか。

更新二週間ストップのお知らせ

 明日から約二週間ほど更新をストップします。

 更新を期待している人はいないと思いますが。 

いつでも来てみろ米帝❗️

 《速報 北朝鮮北東部で人工的な揺れ観測 核実験の可能性 韓国メディア(12:48)》

 来るなら来い、準備は着々と進んでいるぞという意志の発露か。

 そして、着々と自滅の道を走り続ける金正日

 彼が「様子を見る」とメッセージを発した時に演習を取り止めなくても、爆撃機を参加させないといっ多決断をトランプがしていれば状況は多少とも変わっていたのでは。

 真珠湾攻撃に突入した大日本帝國の末路が待っていると思うトランプ。

 日本の二の舞にはならいと決意する金正日

 さて、彼らの判断で大きな影響を受ける我が日本人民。

 眼中にない金とトランプ、そして我が国総理大臣。

 国民より先に情報が入る首相はさっさと国外へ逃げればいいが、放置される大和人民はどうすれば。

露米国交断絶

 《アメリカ政府が国内のロシア総領事館などを直ちに閉鎖するよう要求したことについて、ロシアのラブロフ外相は反発しながらも非難の矛先を前のオバマ大統領に向け、トランプ政権との決定的な対立は避けたいという思惑をにじませました。 アメリカ国務省は31日、声明を出し、ロシアに対してサンフランシスコの総領事館とワシントンとニューヨークにある公館を今月2日までに閉鎖するよう求めたことを明らかにしました。‥以下略》=NHK 9月1日 20時06分=。

 総領事館と主な地区の公館を閉鎖しろという要求は「国交断絶の宣言」と同じだと思うが。

 ロシアの反応といいアメリカの要求といい、感覚がおかしくなっているのか。

 トランプが大統領に就任してからアメリカもそれに絡む国々もおかしくなっているようだ。

 これは突発的に大戦が起きても不思議ではない。 

天下の日野皓正❕

  《ジャズトランペット奏者の日野皓正(てるまさ)氏が今月20日、東京都世田谷区で開かれたコンサートで、壇上でドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかみ、顔に往復ビンタを加えていたことがわかった。

 生徒にけがはなかった。この事業を主催した区教委は「(日野氏が)行きすぎた指導をした」と認め、今後は改めるよう日野氏側に要望した。

 区教委によると、コンサートは中学生向けの体験学習事業の一環で、日野氏の指導を受けて約4カ月間練習してきた生徒約40人が成果を発表する場だった。

 日野氏は終演後、生徒の保護者に対し「生徒のソロパートの演奏が長くなりすぎたので、止めようとした」と説明したという。
》=朝日新聞 17年8月30日21時26分=。

 まず第一弾は、中学生が持つドラムスティックを奪って捨てる。

 そして、髪の毛を掴む。

 最後は往復ビンタを数発食らわせる。

 相手の武器を奪い戦闘意欲を失わせる、喧嘩慣れしているジャズマンだ。

 そもそもはこの中学生が自分の演奏時間を過ぎてもドラムを叩き、スティックを奪われたら手でドラムを叩いたからだが。

 とはいえ、アメリカの黒人の間から出た、独特のリズムと即興性の強い音楽。また、それに合わせて踊るダンスをジャズというのなら、中学生の行動は情動に駆られた行動とも言える。

 それを理解しない日野皓正の愚挙とも言えるようだが。

 自分の感性で演奏するのがジャズだとすれば、中学生はそれに忠実に演奏していたとも言えないか。

 中学生を相手に暴行事件を起こす音楽家は自身の徳性を磨いては。

 とはいえ、感情を抑えきれずにドラムを叩き続ける中学生を見抜けずに出演させる教育委員会も教育に携わるのはどうか‥‥。
 

質が低下する芸人

 今のところはネタを練って登場するお笑いタレント達。

 何組かがネタを披露した後に出てきたのが「宴会芸」のタレント。

 お盆で股間を隠し、そのお盆を外したりしている。

 かなり昔に宴会芸として流行ったような記憶がある。

 それのどこが「芸」なんだと思ったのは私だ。

 酒を飲んでやるから時々股間が見えたりする。

 昔はそれが受けたようだが、今はそれなりにネタを練りに練って舞台に立つ芸人が多い。

 そこでお盆を使うだけの破廉恥芸。

 そういえば、「ミキティー」と叫ぶだけの芸人を見なくなったと思ったら、「世界で最高の」とかの叫び芸人が出てきた。

 ついでに別の芸人も爼上に。

 「ピカソより、普通に、ラッセンが好き」と騒ぐ芸人。

 ピカソの代わりにゴッホの名前をあげる場合もあるらしい。

 印刷物にナンバーリングをして価値があるように見せかける商法で複製物を売りつける連中の片棒を担いでいるような芸人。

 一昔前の芸人と比べて質が落ちているような芸人の世界。