嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

芸能

貧乏最強

タレントが集まって誰が一番かを競う番組、ではなく誰が一番最低のエピソードを披露してくれるかを売りにする「明石家さんまのコンプレッくすつ杯」。 四人で1グループになって自身の貧乏自慢を語った「貧乏グループ」が優勝した。 その中身を紹介するブログ…

日本総白痴化

日本テレビ「バンキシャ! 」のトップニュースは尖閣への中華帝国軍接近ではなく、スナップじゃないスカッシュでもない、なんだったかな、スレイブ、スカイプ、ンーッ、ジャニーズの寵児「SMAP」の解散だった。 思い切り罵ってやろうとしたら、なんとスポーツ…

誰もが何でも知っているわけではない

《乃木坂46の生駒里奈(20)が、タモリへの“珍質問”がネット上で話題になっている。漫画家・赤塚不二夫さんの『おそ松くん』を土台にしたアニメ 『おそ松さん』について、赤塚さんと深い親交のあったタモリに「おそ松さん知ってますか?」と質問。これをめぐ…

「真田丸」は面白いけど創作

「真田丸」面白いけど、もうほとんど創作でしょう。」というコメントがあるブログに寄せられていた。 そういう見方もあるのだ。 「清洲会議」は面白いと思ったが、あれは会議自体の実態がどうだったのかはあまり表に出てこないから想像で脚本が作られたとし…

食材をムダ食いしよう

《タカアンドトシがMCを務め、テレビ朝日系で08年から15年まで放送されていた「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」の名物企画「帰れま10」が、1年4ヵ月ぶりに特番「帰ってきた帰れま10」として復活する。居酒屋、ファミレス、カラオケ、ス…

イケメンはヤリチン

自己愛と強烈な露出趣味の「イケメン」は異常にモテルらしい。 現時点で六画関係らしい。 顔にまったく肉が付いていないように見えて、ちょっと異質な元モデルとかもいる。 整形をしていなければ、あれに肉が程よく付けばハッとさせる顔かもしれない。 それ…

事務所とCM料量には勝てない

北朝鮮の「水爆実験」のニュースとは比べ物にならないが、日本ではこのスキャンダルにマスコミが記者会見場に殺到したらしい。 《タレ ントのベッキー(31)が、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、…

墓石商法

墓石商法とは墓に刻まれた故人の名声を使って金儲けをする商売。 関与するのは故人の身内から芸能事務所、レコード会社と幅広い。出典「umipedia}> 《音楽ユニットZARDのデビュー25周年を記念した4枚組オールタイムベストアルバム「ZARD Fore…

名前も知らないけれど

♫名前も知らない 貴方と私 なのに不思議ね♪ 恒例の紅白歌合戦への初出場組が舞台に立つ。今年も聴きたい曲‥‥あまり無いような気がする‥‥や歌手の出番の時以外は他の局を視ているだろう。 顔が良くて歌唱力もある、そんな女性歌手が減ってきた。 というか、一…

在庫一掃セール中のロシア

《 ロシアは、シリア領内の過激派組織「イスラム国」の拠点を海軍の巡航ミサイルで攻撃したことを明らかにしました。 ロシアのショイ グ国防相は7日、カスピ海に展開していた4隻の軍艦からシリア領内に向けて巡航ミサイル26発を発射したことを明らかにしまし…

テレ朝ニュース大報道

《お笑いコンビ「おぎやはぎ」、お笑いタレントの大久保佳代子(44)が26日、都内で行われた「恵比寿★マスカッツ」お披露目記者発表に出席した。 13年に解散したセクシーアイドルユニットの“第2世代”。セクシー女優やグラビアアイドルなど5000人の応募の中から…

柏木と、相手は誰だ?

このモザイク入りがそのまま公開されているのか?、だったら公開しなくていいぞ。 誰だか全く判らない、そこらをふらついている若者二人を連れてきて写したような写真を見て、だれが信用するというのだ。 《6月6日に行われた第7回AKB48選抜総選挙で第2位に躍…

顔半分隠しても効果なしか

《大島優子(26)の主演ドラマ「ヤメゴク」(TBS系)が、予想以上の視聴率不振に苦しんでいる。木村拓哉&上戸彩という最強コンビを擁するテレビ朝日系「アイムホーム」と同じ木曜21時であることが苦戦の要因と言われてきたが、ここへきて「大島の迫力不足」…

コンテストで決めろ

いつ頃からだろうか、情報番組が映画やテレビの宣伝の場と化したのは?。 紹介するだけの1コ−ナ−ではなく、映画・テレビドラマを主に取り上げるコ−ナ−でもないから中途半端で制作者の意図が判らない。 それはそれとして、最近のドラマに出演している俳優陣…

下着ではないけれどアップに

20年目となった阪神大震災、各地では記念式典も開かれるようだ。 そんな話しと関係あるのか無いのか、たぶん関係しているのだろう。 神戸市で防災訓練が実施された。 それは珍しい事ではないが、珍しいのはそこに参加したメンバーだ。 コンサート会場でも…

「徹子の部屋」 高倉健で視聴率倍に

《テレビ朝日系の19日の「徹子の部屋」(月~金曜正午)の高倉健さん追悼特集の視聴率が20日、6・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と発表された。前日の3・1%から3・7ポイントアップして、倍以上を記録した。 高倉さんが10日に83歳で亡く…

あれから2年 Gacktのその後は?

たまたま見付けた過去の記事。 《「実は国税に押収されたパソコンの中には、十八歳未満の少女とハメ撮りをした動画があり、本人はそれを一番心配しています」(GACKTの知人) ここまで醜聞がダダ漏れするのは、身近にいた人間が離れ、取材に答えているからで…

宣伝に利用される絶倫男

《5月末に発売された「フライデー」(講談社)で、明石家さんまと32歳年下のアパレル会社「MAKARA」の巨乳美人社長・田中優衣さんとの“密愛”が報じられた。一部では「2人は結婚するのではないか?」というウワサも流れているが、筆者はフライデーの記事を読…

統帥権貰った!!

《政府は、武力攻撃に至らないが日本の主権が侵害されかねない「グレーゾーン事態」に対し、自衛隊が発生直後から対応できるようにするために、首相が出動の可否を判断できる制度改正を行う検討に入った。出動に必要な閣議決定をあらかじめ行っておくことで…

AKBメンバー2人切り付け

岩手県滝沢市でイベントを開催していたAKBメンバーの2人が斬りつけられたそうだ。 犯罪を起こしてはいけないのは当たり前だが。 何万、何10万の金を払って買ったCDに付いてくる券と引き換えが握手だけというのも「暴利商売」だ。 就労環境は悪くなる…

変わらぬ歌声 変わった歌声

岩崎宏美・良美の姉妹が2人揃って脳内テレビに出演した。 宏美は「マドンナ」、良美は「タッチ」を歌ったが、昔とあまり変わらない歌唱力だ。 その前に登場したのは園まりだった。 「逢いたくて逢いたくて」を歌ったが出演するまでに時間もあったと思うのに…

「股を開け」の代わりが握手会

《2008年からAKB48の6期生メンバーとして活動していた野中美郷が8日、自身のブログで今月いっぱいで芸能界を引退することを発表。その理由が、ファンの間で話題となっている。 野中は、「私はAKB48が大好きでオーディションを受けました。合格したとき、『夢…

「こ~れからは~」天国でのんびりと

《お笑いトリオ「レツゴー三匹」で活躍したタレントで俳優の逢坂じゅん(おうさか・じゅん、本名=渡辺美二=わたなべ・よしじ)さんが8日午後5時29分、脳溢血(のういっけつ)のため大阪市内の病院で死去した。68歳。葬儀・告別式の日取りや喪主は未…

布川敏和つちやかおり不倫騒動

《タレント布川敏和(48)が妻のタレントつちやかおり(49)と別居していると今日1日発売の「週刊新潮」が報じている。同誌は、つちやが東京・港区の料理店主(50)と親密な関係にあるとも伝えている。4月26日夜、買い物デートを楽しんだ後、手を…

華原朋美 二股かけられる

《歌手華原朋美(39)に求愛していた明治天皇の玄孫(孫の孫)で、慶大講師の竹田恒泰氏(38)と元AKB48で女優の畑山亜梨紗(23)が交際していることが分かった。今日18日発売のFRIDAYが報じている。畑山は、指原莉乃と同じ第5期生で、…

どっちが橋本環奈?

「1000年に一人の逸材」、「天使すぎるアイドル」という興味を惹き付ける魔法の言葉に魅かれ、ついついリンクをクリックしてみた。 地雷が仕掛けられていた。 視力をさらに悪くされてしまったようだ。 この年齢でアイドル?、と思ったら向かって左側の女…

昨晩のこと 途中から

松本清張原作とされるドラマ「三億円事件」を途中から見た。 犯人と目された青年が服用したとされる青酸カリの入手先や、現金3億円の隠し場所として立川米軍基地の名前が出てくるなど思わぬ展開もあったが、それにしても田村正和の台詞が聞きにくい。 ボソ…

天に唾する

大晦日に繰り広げられた合戦で多くの人が死傷した、わけは無いか。 紅白歌合戦に向けて事前に出場歌手によるリハーサルが実施された。 《 ロック歌手内田裕也(74)が、NHK紅白歌合戦のリハーサルで連日大暴れしていると報じられた泉谷しげる(65)に…

姉は19で女優となり、弟はその陰に泣きか

《女優松雪泰子(40)の弟で、歌手の松雪陽こと松雪陽平容疑者(34)が暴行の疑いで警視庁渋谷署に現行犯逮捕されていたことが15日、分かった。 同署によると、松雪容疑者は今月11日午前3時ごろ、渋谷区内の路上で50代のタクシー運転手の男性に対…

改めて思う 藤圭子は天才歌手だった

昨夜、寝る前にYouTube で2時間ほど次々と藤圭子の歌に聴き入ってしまった。 まさに不世出の天才歌手だった。 歌の合間には「息継ぎ」をしなければならない。 現在の歌手はこの息継ぎで吸い込む時に大きく「ハー、スー」という音が聞こえる。 藤圭子はそれ…