嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

勇気ある元首相らしい

 《就任後初めて来県した小野寺五典防衛相は名護市辺野古に隣接する地元区の区長らと面談した。防衛相は米軍普天間飛行場の辺野古移設を推進する政府方針を説明。容認の立場の区長らは「県民を納得させてほしい」などと話したという。面談は公式日程に記載せず、県民の目を避けるように行われた。

 ・・・略・・・

 米軍施設の受け入れを容認する地域は、日本では沖縄以外にはない、との刷り込みが政府にはある。
他地域でいちから説得するよりは、ほぼ一貫して地元区が容認している辺野古のほうがハードルは低い。何より米国との約束は絶対だ、というのが官僚の「常識」だろう。

 日米合意を抜きに沖縄の声に耳を傾ける「勇気」ある政治家は鳩山由紀夫元首相が最後かもしれない》=
13年1月20日 09時27分 沖縄タイムス=。

 ンーッ、その鳩山は訪問した沖縄で県民から「帰れ」の罵声を浴びたのだが。

 その時の状況から発せられた言葉だが的確な判断から出た言葉ではなかった。

 「沖縄の声に耳を傾ける」のはいいが、迎合した発言は後々に禍根を残す事になるのを理解していない元首相。

 中国でもまたやった。

 「領土紛争」云々は事実としてあるから仕方ないが、「南京大虐殺」に関しては人数が「大虐殺」か「中虐殺」か「小虐殺」かは不明だし、そもそも日本軍が相手にしたのは南京市民だったのか、あるいは軍服を脱いだいわゆる「便衣兵」なのかも決着していない。

 まずその事実解明が優先なのにそれに触れないで「謝罪」し続けるというのはどうなのだろう。

 そういう元首相を自分達の都合で持ち上げる新聞社にはジャーナリスト精神はあるのかどうか。

   ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

 

        嵐を呼ばない海つばめ