嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

縄張り争い

 大きなヤクザ組織が弱小組織に言った。

 俺たちとやり合うか、街を出て行くか、それとも解散するか、さっさと返答を貰おうか。

 大阪市立桜宮高の体育科募集中止はそれと似ていないだろうか。

 何かを喋る前に頭の中で考えてみる訓練をしてこなかった橋下徹

 全教員入れ替え、入試中止、廃校・・・まあ言うのはタダだけど。

 その発言の前に話し合い、討論、議論をしてみては。

 市長権限を振りかざして自分の思い付きを押し付ける権力者という恐怖の存在。

 市教委は入試試験科目で不利にならないように配慮したが、体育科は国語、数学、英語、運動能力、運動技能の五つで、本来の普通科は国語、数学、英語に理科・社会が試験科目らしい。

 まったく勉強してこなかった二科目を受験するという不利からは免れた。

 こういう諸状況を事前に議論して結論を出すのが当然なのに、橋下はそれができない。

 目の前に突き付けられた難問を排除するか潰すか、壊していく。

 冷静さに欠けるという点ではまさに父親の血筋といえる。

 体育科を目指していた受験生がもし自殺したら、橋下はどうするのだろう。

 他の教育機関でも起きている体罰を無くすためにどうするのか、そこにある体罰が問題になっているが、「連帯責任」をどう解決していくかは話題にならない。

 総入れ替えも入試中止も廃校も、橋下の考えは「連帯責任」という発想で解決する結論だと思うが。

 《「大阪市立桜宮(さくらのみや)高校でバスケットボール部主将だった2年の男子生徒が顧問教諭の体罰を受け、自殺した問題で、市教委は21日、臨時の教育委員会議を開いた。今春の体育系2科(定員計120人)の募集を中止し、同じ定員を普通科に振り替えて募集することを決めた。ただ、選抜時期や入試科目は従来の体育系2科と同じ内容とし、受験生に配慮する。

 ・・・略・・・

 21日午後の教育委員会議では、体育系2科の募集を普通科へ振り替える案と、従来通りに体育系2科の入試を実施する案の二つが議論された。委員5人のうち4人が普通科への振り替え案に賛同し、この方針で入試を実施する》=13年1月21日17時39分 アサヒサイト=。

   ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

 

        嵐を呼ばない海つばめ