嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

恐怖の大王が落ちてくる

 「恐怖の大王が空から降ってくる」は誤訳で、「恐怖の大王が空から落ちてくる」が正訳だった。

 完成直後の新幹線事故は記憶に新しいが、他にも色々恐怖の元はあるようだ。

 中国爆発実績リスト 
~~~~~~~まあ世界的にもままあること~~~~~~~~ 
ガス管・爆竹工場・炭鉱・石油パイプライン・石油工場 ・飛行機・タクシー・教習車・偽ヨタ車・バス ・手作りの携帯バッテリー・爆弾・爆竹で車と家に引火
~~~~~~~珍しいが理解できなくはない~~~~~~~~ 
炭酸飲料・肥溜め・タイヤ・圧力鍋・湯沸かし器・強化ガラス式ガスコンロ・マンション・住居ビル・プラスチック工場・厨房・ボイラー・バキュームカー・偽新幹線の電源BOX・五菱汽車製のワゴン車・花火爆発、次々に打ち上がる・手榴弾・オフロード車・ライター・山積みの電池・テレビ、冷蔵庫、電球が爆発、家電製品も次々と炎上・走行中のバス

 他の例はここで。

 飛行機の爆発もあるから、「恐怖の大王が空から落ちてくる」は嘘とも言えないようだ。

 さて、次に落下してくる恐怖の大王とは。

  《中国が自主開発した大型輸送機「運20(鯤鵬)」が26日、陝西省西安で初めての試験飛行に成功した。27日付の中国各紙によると、最大積載量66トンで、基本性能はロシアのイリューシン76型輸送機を上回り、米国のC17輸送機に匹敵するとしている。

 運20は全長47メートル、翼幅45メートル、高さ15メートル、最大離陸重量220トン、航続距離7800キロ、最高速度は時速700キロ。200トン級の大型輸送機の開発は米国、ロシア、ウクライナに次いで4カ国目という》=13/01/27-15:20 jiji=。

 そこで、落下地点を神である海つばめが予測した。

 それは尖閣諸島付近だ。

 落下後に事故調査と処理と称して軍隊を派遣して実質占領、それぐらいは彼の国の事だからやるだろう。

    ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

 

        嵐を呼ばない海つばめ