嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

本当に政治家か

 そこら辺にいる、単なる文句言いのおっさんじゃあないのか?。

 目に付いた気に食わない物に片っ端からイチャモンを付けて回っているようだ。

 《大阪市の橋下徹市長は4日、閉鎖を検討する市立美術館(天王寺区)を視察した。

 終了後、同館で報道陣の取材に応じ、「館内の文化財を保管する重要性について認識が欠けていた。別の場所でも収蔵できるのかどうか、担当部局と外部の有識者の意見をよく聞いたうえで、判断したい」と述べた。

 市は、老朽化した同館を閉鎖し、北区中之島で計画中の新美術館への移転統合を検討している。

 橋下市長が市立美術館を視察するのは、一昨年12月の市長就任以来初めてで、篠雅広館長の案内で1、2階を中心に見学。報道陣に対し、新美術館と市立美術館に関して、「一つにまとめるべきだ」と持論を展開。その上で市立美術館について、「非常に立派な施設。収蔵品の中には館を信頼して貸し出してくれたケースもあると聞いた。時間をかけて議論したい」と述べた。

 市は今週の幹部会議で閉鎖や移転統合を最終判断する予定だったが、今月内にも開く次回の同会議まで延期する。

 新美術館の予定地は国から購入しており、契約上、3月末までに美術館を建設しなければ最大48億円の違約金を支払うことになる》=13年2月5日10時29分 読売新聞=。

 橋下の気分屋発言で「最大48億円の違約金を支払う」事態になりそうだ。

 土地の整備、施工して3月末まで2ヶ月か・・・。

 そもそも、現美術館を閉鎖する根拠はなんだろう。

 経費削減か?。

 文化的な物の否定でなければそれが理由だろう。

 合理的そして冷徹に考えれば現在生きている私たちに無関係な過去の遺物は不必要だ。

 実際、流通している「美術品」、絵画や彫刻にはそういう物が存在するが、それを否定するのと文化を壊すというのは別物だ。

 もし、違約金48億円を支払うようなら経費削減に矛盾する結果となる。

 そうなっても橋下教狂信徒は支持し続けるのだろうか、小沢狂信徒のように!。

 精神的に支障が起きているのではないのか橋下徹

 自分がやっている行為を冷静に判断できないのなら政治家といえるだろうか。

   ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

 

        嵐を呼ばない海つばめ