嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

原発事故は隠蔽体質の東電が起こした

 《東京電力が昨年2月、福島第1原発事故をめぐり現地調査を決めていた国会事故調査委員会(解散)に対し、1号機の原子炉建屋内部は実際に明かりがあるにもかかわらず「建屋カバーが設置されており、暗い」と虚偽の説明をしていたことが分かった。

 事故調はこの説明で調査を断念したが、東電は「担当者が誤認しており、意図的に虚偽を申し上げたつもりはなかった」としている。

 国会事故調の報告書によると、東日本大震災の発生直後、東電の下請け会社の作業員らが、1号機原子炉建屋の4階で出水を目撃。事故調は出水が重要機器の非常用復水器が壊れたためではないかと疑ったが、「現場調査できないため、出水元は不明」と記していた。

 東電によると、昨年2月、当時の企画部部長が事故調の田中三彦委員を訪問。映像を示した上で、「映像は建屋カバー設置前のものなので明るい」とした上で、建屋カバーが付けば真っ暗になることや照明が付いてないことなどを説明した。

 ところが、実際は建屋カバーはすでに完成しており、映像は設置後のものだった。天井には照明が設置され、東電の説明は現状と異なるものだった。

 東電は「誤った説明をしたのは申し訳ないが、当時はまだ足場が悪く手すりもない状態で滑落の危険があり、現地調査は困難だったことも担当者が申し上げている」と説明している》=13.2.7 12:13 サンケイサイト=。

 バレたら新しい嘘をつく、典型的な詐欺師、虚業家のやり口か。

 何が原因かを知っていた東京電力はそれを隠すために調査させないようにしたと考えると、ンーッ、なるほど納得だ。

 その結果が原子炉の爆発や放射能拡散に繋がったとすると、東電の役員全員を刑務所へ送り込んでも足りない罰だ。

 その役員達は誰も責任を取っていないし、そこの説明を鵜呑みにして「重大事故ではない」かのように扱った民主党政府の責任も重大だ。

 いまさらながら、原発事故は隠蔽体質の東電が起こしたわけだ。

   ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

 

        嵐を呼ばない海つばめ