嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

赤の他人への遺産相続

 ちなみに、私には資産が無いので見知らぬ人だろうが、親戚だろうが相続できる財産はない、というのが唯一の自慢だ。

 認知症の女性が、親族ではない京都弁護士会の柴田茲行弁護士(82)に計約5億円相当の遺産を贈与するとした遺言書は無効だとして、女性のめいが京都地裁に起こした訴訟の判決があり、同地裁は遺言は無効とした。

 橋詰均裁判長は「女性は遺言作成時、認知症により利害得失を理解できる能力が著しく減退していた」と判断した。判決は11日付。

 判決によると、女性は呉服店を経営していたが、2003年11月頃に認知症を疑わせる症状が出た。柴田弁護士と店の経営移譲や遺産相続などを相談して「私のいさんは後のことをすべておまかせしている弁ご士にいぞうします」などという遺言書を作り、09年に92歳で死亡した。その後、柴田弁護士は遺言書を基に預貯金計約3億2700万円や、呉服店の株式など約2億円相当の贈与を受けた。

 判決は、めいを女性の相続人と認定。橋詰裁判長は「赤の他人の弁護士に全遺産を遺贈しようとするのは奇異だ」と指摘した》=13年4月17日12時04分 読売新聞=。

 この女性が「認知症」でなければ遺産相続は認められただろう。

 遺言書を作成したときに正常な判断力がなかったと誰が証言したのか。

 四六時中認知できない状態にはないという可能性もあって、正常な思考が出来たときに遺言書を書いた可能性もある。

 そのあたりはああだこうだと言ってもしようがないが、親族や親戚とは疎遠な暮らしをしていて、たまたま相談した弁護士の親切心に心酔する人もいるだろう。

 裁判長の「赤の他人の弁護士に全遺産を遺贈しようとするのは奇異だ」という前提は、あまりにも人の心が冷たい世の中になったと思い込んでいないだろうか。

    ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

    嵐を呼ばない海つばめ