嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

中国でコメディ制作に規制

 《中国のお茶の間で大人気の日中戦争を舞台とした「抗日ドラマ」について、政府当局が検閲による規制に乗り出すという。中国のネットメディアなどが報じた。

 空手で日本兵を真っ二つにしたり、手榴(しゅりゅう)弾を地上から投げて戦闘機を撃墜したりする、荒唐無稽で奇天烈(きてれつ)なドラマが粗製乱造され、中国の視聴者もさすがに飽き飽きして非難が噴出しているためだ。

 ネット上には、「視聴者をバカにしている」「日本人がみたら爆笑するだろう」といった書き込みがあふれており、ブームは去り製作本数が激減しているという。(SANKEI EXPRESS)

 規制強化を報じた「騰訊ネット」などによると、メディアを管轄する当局は6月にも、視聴者の多いゴールデンタイムを対象に、大げさな作り話やおもしろおかしく仕立てたドラマの放送を禁じる。すでに審査が厳格化され、放送が認められなかった番組もあるという。

 抗日ドラマへの批判は、三つ編みの若い女性が全裸で中国兵に敬礼する後ろ姿のシーンが先月、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」に投稿されたのがきっかけだった。

 ‥‥略‥‥

 抗日ドラマが娯楽化し、内容もどんどんエスカレートするなか、当局も「これはまずい」と危機感を持つようになったようだ。

 中国共産党の機関紙「人民日報」は3月に、「(抗日ドラマが)過度に商業化し暴力をあおっている」と批判する評論記事を掲載。「ピント外れのでっち上げで、(抗日戦争に対する)浅はかな見方を強めている」と、歴史の矮小化(わいしょうか)に懸念を示しており、検閲強化に踏み切ることにしたようだ。

 視聴者からの批判を受け、放送局側も方針を転換。中国のニュースを伝えるサイト「レコードチャイナ」によると、現地の新聞は今月、浙江省にあるアジア最大級の撮影所「横店影視城」で撮影中の抗日ドラマは3本にとどまり、毎月10本以上が撮られていた昨年から大きく減っていると伝えた》=13.5.17 08:17  サンケイサイト=。

 政府によるでっち上げは構わないが民間が虚構のふざけた話を広めるなという事らしい。

 数メートル上空を飛んでいる飛行機を手榴弾投擲で撃墜するのは不可能とは言わないが、数百、数千メートル上空の航空機撃墜は無理だろう。

 機体に届く前に落下してきて自分が爆死するかも。

 しかし、カンフーを駆使して多数の敵を倒す場面はいくつか見ているので、戦争中にはそういう実例があったのだろう。

 偉大な中国にはとてつもない武道の達人もいるだろうし。

 改めて考えると中華帝国は怖い国だ、コメディドラマの制作も規制されるのか。

    ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

   嵐を呼ばない海つばめ