嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

いいタイミングで米軍犯罪が公表された

 《第2次世界大戦中、ノルマンディーに上陸しフランスに進撃した米軍兵士の多くが地元女性との性行為に躍起になり、トラブルの種になっていたことを示す研究書が米大学教授によってまとめられ、6月に刊行されることが分かった。ナチス・ドイツからの欧州解放の立役者となった米軍の影の部分に光を当てたものとして注目される。

 この本は、米ウィスコンシン大学のメアリー・ロバーツ教授(歴史学)が著した「兵士たちは何をし
たのか-第2次大戦時のフランスにおける性と米兵」。米仏両国の資料を分析したもので、同教授によれば、米軍進駐後のフランスでは、公園や廃虚などさまざまな場所で米兵が性行為を行っている姿が見られた。レイプも多発し、数百件が報告された。米兵による買春もあった。

 フランス女性たちは既婚者でも米兵にしつこく誘われ、ある住民は「ドイツ占領中は男たちが隠れなければならなかったが、米兵が来た後は女性を隠さねばならない」と言っていたという。

 当時のある市長は駐留米軍幹部に苦情を寄せたが、問題は改善しなかった》=13/05/26-19:29時事ドットコム=。

 性行為必ずしも強姦とは限らず、強者に媚びるフランス女性からの誘いかもしれない。
 
 しかし、「レイプも多発し、数百件が報告された」とあるから、それは米兵による犯罪だ。

 慰安婦は当時は必要だったという橋下徹の指摘は正しいと証明されたのか。

 生のはけ口としての売春婦がどの国にもいたし、それは必要悪だったのか。

 それにしても、橋下徹性風俗とか慰安婦発言の熱気が日本を包む中でのこの研究書の刊行とは!!。

 誰かが橋下の手助けに動いたのか。

 橋下も抽象的な指摘ではなく、ベトナム戦争時の韓国軍の蛮行を具体的に数字や報道記事で言うべきだったのに。

   ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ