嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

新刊本を500冊売却

 《学校の図書室の蔵書を3年半で約3000冊(550万円相当)を、中古書店に転売していたとして、新潟市教育委員会は30日、市立小須戸中学校に勤務していた元図書室司書の40歳代の女性を、窃盗の疑いで秋葉署に告訴した。

 市教委によると、女性は2008年4月から13年3月まで臨時職員の司書として同校に勤めていたが、09年9月頃から、新たに購入した図書を10~30冊ためては、市内3か所の中古書店に新品のまま転売していた。転売は徐々にエスカレートし、12年度に購入した約500冊のうち、残っていたのは6冊だけだったという。

 後任の司書が、購入したはずの図書が見当たらないことに気づき、発覚した。

 女性は、市教委の調査に対し「生活が苦しくほとんど食費に充てた」などと話しているが、弁償のめどは立っていないという。市教委の管理マニュアルでは、購入図書の検品は担当教諭と司書が2人ですることになっているが、守られていなかった。市教委は、学校側の管理職の処分も検討している。

 同校の図書室の蔵書数は現在約1万冊》=13年5月30日20時54分 読売新聞=。

 この司書の頭がいいところは既にあった蔵書を売却したのではなく、新たに購入し蔵書となる予定の書籍を売っぱらったとこだ。

 在庫の蔵書を売れば册数が減ってちょっと細やかな神経を持った教師や生徒ならオカシイと気付いただろうが、新しく購入する図書はどこかに隠しておけば数量に変化は無いから気付きにくい。

 知能犯で計画的犯行かな。

 司書というのは大概が本好きがなるものだと思っていたが、本好きは本を売るような真似はしないだろう。

 とはいえ、読書好きで小学校高学年時代から中学校、そして高校時代にも休み時間のほとんどを図書室通いで潰していた私も、小遣いが無くて中古書店へ売りに行ったものだ。

 あっ、学校の図書ではなく自分の本を売りにいったので誤解しないように。

 この中学校の生徒には本好きは少なかったのか?、昔は置いてある本を読むだけだったが、今は希望すれば新しい本を購入してくれるわけではないのか。

 それなら自分が購入を希望した本がいつまで経っても図書室に置いてないのはなぜだ、なぜなんだと疑問に思う生徒も出てくるはずなのだがそんなシステムは無いのか!!。

 それにしても市内3カ所の古本屋に500冊にもなろうとする新刊書を売ったとすると、一店あたり約160册になるのに古本屋の店主が疑わないのはおかしいだろ。

 一人の客がそれだけの本を売りにくるのは万引きしたのではと考えるのが普通だ。

 しかし、私が売った古本屋も辞書とかそれなりの専門書を示してこういうのなら高く買うけどと言ったのは言外に万引きしてこいと示唆したのだろうか。

 司書が売ったのは新刊書だから計10万円ぐらいかな。

 年2万円程度の収入、月にすれば2千円ほどで犯罪者になってしまうとは‥‥ああ無情というのか。

 私もそうならないように踏ん張っているが、安倍晋三のインフレ政策でそれが何時まで耐えられるか、なかなか難しい。

 私が提案した、商品券のように使える期間限定の刷り込みをした日本銀行券を発行してくれよ!!。

 大企業や投機屋だけが利益を得るようなアベノミクスは止めて、2〜3年間限定で2百万円ほどの日本銀行券を支給すれば国民全体が助かるというのに。

 自民党やその亜流の政党・政治家には無理な発想か。

  ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ