嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

さすがは百戦錬磨の孫子の国

 ちょっと褒め過ぎかな。

 《共産党総書記(国家主席)は13日、中国を訪問中の台湾与党・国民党の呉伯雄名誉主席と北京の人民大会堂で会談した。

 台湾側によると、中国の対台湾窓口機関、海峡両岸関係協会と台湾の対中窓口機関、海峡交流基金会による連絡事務所の相互設置などを協議した。

 中国にとって、事務所設置は台湾に対する統一戦線工作の足がかりとなるものだ。台湾住民の中国への渡航が年間で延べ500万人を超えるなど、中台の人的往来が活発化する中、台湾住民にとっても出先機関設置の必要性が高まっていた。

 また、呉氏は、日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など計16か国の間で交渉が進む東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に加入する意向を習氏に伝え、理解を求めた》=13年6月13日23時30分 読売新聞=。

 尖閣周辺での漁業協定を巡る日本・台湾の接近。

 このまま推移すれば日・台の緊密さは台湾漁船の違法行為が多少あってもどんどん深化する。

 極端に推測すれば憲法改正後には「日台防衛条約」の締結もあり得る。

 そうなってから台湾と新たな交渉をしても勘繰られるだけだ。

 今のうちに友好関係を深めておこうというわけか。

 日台の離間を謀る策として中国が打ち出したのが「出先機関」の相互設置だ。

 台湾の中で「親中派」獲得の工作が出来るし、日本の動きも判る。

 南方ではフィリピンやインドネシアに強硬な態度を示し、当面は武力を使えない日本には領海付近での嫌がらせを仕掛ける。

 中国4千年の権力闘争は伊達じゃない。

 アメリカの顔色を窺わないと何にも出来ない自民党政権なんて赤子の手を捻るようにあしらわれるのか。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ