嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

馬鹿な事務所スタッフ

 《東京都知事選での舛添要一氏の選挙演説でトラブルが発生し、非難が殺到するという事態になった。

 2014年1月26日、舛添氏の演説の動画配信を選挙事務所のスタッフから禁じられたという情報が出回った。そして、その場面を記録した動画も流出。撮影していた男性にスタッフが声をかけ、「一応ですね、局でちょっと指示いただいている方ならいいんですけれど」と前置きし、「一般の方はご遠慮下さいってことで」と撮影を止める。

 それを知った人々から、撮影禁止は理不尽との批判が続出。さらに、事務所に問い合わせたら、一般人による撮影は許可しないと言われたとの情報も。「許可がないと危険と意味不明な説明」を受けたと主張する人物もいる。また、「ツイキャス配信の人が何人も止められ、通報と言われた」といったツイートまで見られる。

 すると、舛添氏のTwitterで経緯の説明がなされた。「街頭演説の際はご自由に撮影してください。現場にて『許可は必要ありません』と伝えるべきところが『許可は出せません』と伝えてしまったようです。お詫びします」。27日、当サイトでは舛添要一選挙準備事務所に話を聞いた。
》=探偵ファイル 01/28=。

 ちょっと古い話になるが、こんな騒動があったらしい。

 街頭演説風景を一般人が撮影するのに許可がいるという発想にも恐れ入るが、あの程度の政治家だからその程度の事務所スタッフが集まるのだろうと納得できる。

 その辺りも馬鹿な選挙事務所だと揶揄される行為だが、ここの事務所スタッフには日本語を理解できる人物がいないようだ。

 《『許可は必要ありません』と伝えるべきところが『許可は出せません』と伝えてしまった》。

 この程度の内容も曲解してしまう日本人はいないのでは?。

 言い換えれば、「いいですよ」と言うのを「だめです」と伝えたようなもので、考えられない頭脳構造だ。

 こんなスタッフでも、もし舛添が間違って都知事になってしまったら、知事ブレーンとか東京都の要職に就任すると思うと、恐ろしさに身震いしてしまう。

 まあ、私は都民ではないから都民がどうなろうと自己責任なんだが。

 
その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。