嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

エジプトには物申さず 判りやすい白人達

 《ウクライナの情勢悪化を受け、EU=ヨーロッパ連合は20日、緊急の外相理事会を開き、制裁の発動を念頭に今後の対応を検討します。

 多数の死傷者が出たことで、フランスのオランド大統領は19日、「EUによる速やかな制裁が必要だ」とする声明を出し、ドイツのメルケル首相もウクライナ政府の強攻策を非難しました。EUは日本時間の20日夜に緊急の外相理事会を開き、ウクライナへの制裁措置を話し合う予定です。緊急理事会では、ウクライナ政府関係者らの渡航禁止や資産凍結などが検討されるとみられます。また、AFP通信によりますと、この会合に先立ち、フランス、ドイツ、ポーランド外相が20日朝、キエフに入り、政府と反政府側双方と事態収束に向けた会談を持つとしています》=02/20 01:49 テレ朝ニュース=。

 そして、アメリカは。

 《ウクライナで、デモ隊と治安部隊ら25人が死亡するなど急速に情勢が悪化していることについて、アメリカ政府は、ヤヌコビッチ大統領に反体制派に対する武器の使用を抑制するよう求めました。

 カーニー報道官:「力で危機は解決しない。平和と安定を取り戻すためにヤヌコビッチ大統領が状況を落ち着かせ、対立を終わらせるよう促す」
 カーニー報道官はまた、政府側が反体制派との対話を始めるよう呼び掛けました。さらに、バイデン副大統領はヤヌコビッチ大統領と緊急に電話会談し、キエフ市内の状況に重大な懸念を表明した上で、政府軍の行動を抑制するよう求めています》=02/19 14:12 同=。

 たかがEUに参加するかどうか、一国の意思をある方向へ向かわせようとする外国の動き。

 自分達の意に添わない国の内部に分裂・対立を仕掛け、それを口実に介入する。

 ユーゴスラビアセルビアで民族対立を煽り、その結果内戦に介入して政府を潰した前例が再び作られようとしている。

 それは昔から彼等のやり口だが、残念な事に我が日本でも似たような謀り事は行われてきた。

 ウクライナへの軍事介入は地理的状況からして無理だと思うが、その無理を堂々と行うのがアメリカを初めとした白人達だ。

 エジプト軍事政権がクーデターを起こして権力を握り、民衆を弾圧する強権政治を続けていても止めようとしない。

 経済制裁も無い。

 ダブルスタンダードとか言われる行動か?。

 

その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。