嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

「アンネの日記」破損者?

 《東京都内の公立図書館などで「アンネの日記」や関連書籍が相次いで破られた事件に絡み、被害に遭った豊島区の大型書店に不法に侵入したとして、警視庁捜査1課が30代の無職の男を建造物侵入容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かった。男は図書館でアンネ関連の書籍を破ったことについてもほのめかす供述をしているという。ただ、供述にはあいまいな点もあることから男の関与について刑事責任能力も含め慎重に調べている。

 捜査関係者によると、男は2月19日と22日、豊島区南池袋2の「ジュンク堂書店池袋本店」にビラを張る目的で立ち入った容疑で、今月7日逮捕された。同課の調べに容疑を認めているという。ビラには「アシスタントとゴーストライターは違います」などと意味不明の文言が手書きされ、思想的な背景はうかがえないという》=毎日新聞 2014年03月13日 11時06分(最終更新 03月13日 11時33分 毎日新聞サイト 太字by海つばめ=。

 アシスタントとゴーストライターが違うのは当たり前のこと、どこが意味不明だというのか毎日新聞の記者は。

 違うものを違うというと「気×い」扱いされるのか日本という国は。

 記者会見での警察発表をそのまま垂れ流しているようだ。

 ビラの内容からは「アンネの日記」破損に結びつかないのだが。

 だから「気×い」扱いにしようとしているのか。

 他の場所にはビラ貼り行為をしてないのだろうか?、普通は何カ所かに貼ると思うが。

 訴えたいことがあって行動しているのなら複数の場所で同じ行為をとるはずだ。

 漫画やアニメのアシスタントをしていて 佐村河内騒動で自分もゴーストライターをしていると思われて腹が立った結果の行動か?。

 まあ、どのような理由にしろ特定の書籍を破損する強固な意志はどこからきたのか?。

 日本とユダヤ人の分離を図る何らかの陰謀か。

 ちなみに、アメリカへ逃げようとするユダヤ人に政府の命令に反してビザを発給したとされる杉原千畝が、日記破損事件で注目を浴びている。

 杉原個人の力ではビザ発給は出来なかったという指摘もあるが、彼がユダヤ人に同情的だったのは「日猶同祖論」に傾倒していたからという説もあった。

 つまり、日本人の祖先は古代イスラエルから逃げてきたユダヤ人だったという説だ。

 イエス・キリストは日本で死んでその墓が青森にあるという説につながる荒唐無稽な「論説」だ。

 その「日猶同祖論」者と呼んでしまうと言い過ぎかもしれないが、杉原の行動の原点だった可能性があり単純な倫理観では無かったとも言われる。

 「日記破損」とは直接関係ないが、ある事柄を異常に美化するのも罵るのも本質を見間違うこととなってしまう。

 なかなか難しいが、出来るだけ冷静客観的な判断をするようにして欲しいし、私もそうしたいと思うが、これがなかなか‥‥‥‥ということだ。
 

その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。