嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

どちらも金稼ぎ

 《 一般企業の広告が、児童ポルノ画像などを集めたインターネットの違法サイトに掲載され、サイト管理者の収入源になっている。

 約3年間に7億5000万円もの広告料を稼いだ管理者もおり、警察庁が違法サイトへの広告掲載に歯止めをかける対策に乗り出した。

 ◆画像をエサ

 銀行や化粧品会社、家電メーカー……。あるサイトには、多くの企業広告が掲載されていた。いずれも商品や企業の信用性をアピールする狙いだが、このサイトは実は、わいせつ画像ばかりを集めた違法サイトだ。警察庁によると、テレビドラマのコピー映像や薬物売買に関する情報などを扱う違法サイトにも、企業広告が載るケースがある。

 企業は広告を出す際、「若者がよく見る」などの条件を示し、広告配信会社が条件に合うサイトを選んで広告を載せる。サイトの閲覧数が増えると、管理者が受け取る広告収入も多くなるのが一般的で、警察庁の担当者は「悪質な管理者が、わいせつ画像などをエサに閲覧数を増やそうとしている」と指摘する。

 ‥‥略‥‥

 企業の中にも、自社の広告がどのサイトに掲載されているのか確認せず、広告配信会社に任せきりにしているところがあるという》=14年04月07日 07時19分 読売サイト=。

 不幸にしてというか幸いにしてというか、まだそのようなサイトに行き着いた事が無い。

 だから実態を知らない。

 そのようなサイトとは一般企業の広告が入ったアダルトサイトという意味だ。

 企業広告の無いサイトには‥‥想像に任せよう。

 違法物を扱うサイトも公然と所在を明かせば権力の走狗が駆け付けてくるから♫秘密、秘密、秘密のあっこちゃん♫にしている。

 そういうサイトかどうかは広告を出す会社も取扱業者も判断し難い時がある。

 まして、利用者はそんな事は無関係で探し求めるものを得ようとするからいつの間にかそのようなサイトへ迷い込む。

 つまり、利用者に罪は無い。

 企業もサイト管理者も金を稼ごうとして広告を出し、出させようとしているから、すべての責任は彼らにあるのだ。

 利用者に余分な精神的負担を掛けさせないように。

 
 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。