嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

子供の入学式同席で学校行事欠席

 《埼玉県立高校の女性教諭が長男の高校入学式に出席するため、日程の重なった勤務先の入学式を欠席していたことが14日、埼玉県教育委員会への取材で分かった。

 県教委によると、50代の女性教諭は8日、長男の入学式に出るため、勤務先の高校で担任を受け持つ1年生の入学式を欠席した。事前に休暇を願い出ていたうえ、あらかじめ欠席をわびる文書を作り、式当日、別の教諭が保護者や生徒らに配ったという。校長も入学式の担任紹介で理由を説明した。

 しかし同日、県教委に匿名で指摘があり、県教委が事実関係を確認。関根郁夫教育長は11日、県立高校長会で「生徒や保護者が心配になる事態を招いた」とし、適切なフォローや心配りを求めた》=14.4.15 07:54 サンケイサイト=。

 いきなり当日に休んだわけではなく、事前に届けを出したり詫び状を出していたという。

 それなりに気を使った行動だったのだ。

 自分の考えと違う行動を他人がとると、理由の是非はともかく即脳的に反発する人がいる。

 勤務先の学校で問題にしたのではなく誰かが県教委に(密告」という形で「御注進」に及んだのはそんなところだろう。

 さて、災害という事態が起きた時に、自分の家の様子も気になる中でも「仕事優先」で働く人達がいる。

 たかが入学式よりも重要な緊急時だ。

 仕事への義務と自分の子供優先というややこしい問題だが、比較するというのもちょっと違うのではないかなと思う出来事だが。

 昔はこのような話題は起きなかった気がするのは滅私奉公が当たり前だからだったからか。

 滅私奉公か個人の自由か、そんな二者択一ではない解決法があるような気もするが。

 この女性教師はあらかじめ欠席届を出し、説明文も用意していたのだから。

 出来れば、説明文は事前に配布した方がよかったのかな。

 
その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ