嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

プロパガンダ合戦

 《ロシア国営メディアは、ウクライナ暫定政権がクラマトルスクに送った装甲車6両の乗員が、住民の嘆願を受けて親ロシア派に「寝返った」と伝えた。

 報道によると、クラマトルスクで親ロシア派の活動家が装甲車6両の行く手を遮って取り囲んだ後、迷彩服姿の武装部隊が現れて奪取した。活動家はクリミアのロシア編入の象徴となったオレンジと黒の「戦勝リボン」を身に着けていた。

 欧米メディアはドネツク北部でロシア国旗を掲げた装甲車最大6両が目撃されたと伝えた。親ロシア派が警察署などを占拠して無政府状態にあるスラビャンスクに入ったもようだ。AFP通信によれば、装甲車には数十人の武装要員が乗り、軍用トラックが伴走した》。

 住民の英雄的行動がウクライナ軍の変心を誘っているような印象を与える。

 さて、下の記事では親ロシア派が装甲車を奪取して係争地へ向かっていると印象づけられ、支援するロシア軍がドネツク北部へ入った感じになる。。

 《ウクライナのメディアは16日、東部ドネツク北部クラマトルスクで強制排除を含む「対テロ作戦」に当たる装甲車6両が、親ロシア派の武装部隊に奪われたと伝えた。その後、ロシア国旗を掲げたとみられる。

 報道によると、クラマトルスクで親ロシア派の活動家が装甲車6両の行く手を遮って取り囲んだ後、迷彩服姿の武装部隊が現れて奪取した。活動家はクリミアのロシア編入の象徴となったオレンジと黒の「戦勝リボン」を身に着けていた。

 欧米メディアは先に、ドネツク北部でロシア国旗を掲げた装甲車最大6両が目撃されたと伝えた。親ロシア派が警察署などを占拠して無政府状態にあるスラビャンスクに入ったもようだ。AFP通信によれば、装甲車には数十人の武装要員が乗り、軍用トラックが伴走した。

 一方、ロシア国営メディアは、ウクライナ暫定政権がクラマトルスクに送った装甲車6両の乗員が、住民の嘆願を受けて親ロシア派に「寝返った」と伝えており、情報が交錯している》14/04/16-19:01

 記事の文章の順番を入れ替えると、受け手の印象が変わってくるのを利用するのがプロパガンダ、宣伝工作だ。

 アメリカやイギリス、イスラエルなどは全くゼロからこの宣伝工作を作り出す。

 ウクライナで先制武装攻撃をしたのが現在の暫定政権だという事実には触れない。

 ウクライナ東部で「警察署を襲撃する親ロ派」という映像が流れる。

 銃を持ち戦闘服姿の何人かが先頭を切って建物へ走り込む。

 報道では親ロ派武装組織もしくはロシア兵という扱いになっているが、ウクライナ軍からの離反者という可能性は無いのか?。

 ロシア側の報道も西欧側の報道も自分たちに都合のいいような報じ方をするし、カメラの撮影位置も自分たちに不都合な真実は写さないか写っていれば編集する。

 それを見破るのは難しい、何しろ彼らはプロだから。

その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。