嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

そっちへ思考が向くか

 《旅行会社「JTB中部」(名古屋市)多治見支店の男性社員(30)が、岐阜県御嵩町の県立東濃高校の遠足のためのバスを手配し忘れ、生徒を装って自殺をほのめかし、遠足の中止を求める手紙を同校に届けていたことが29日、分かった。

 同社と同校の発表によると、同校では今月25日に全学年で遠足が予定されていたが、24日午後4時頃、男性社員が「学校のポスト付近に手紙が落ちていた」と、同校事務員に封筒を届けた。手紙には、「遠足は死ぬよりしんどい」「遠足があるなら私は消えます」などと書かれていたという。

 学校は同日夜までに、電話で全校生徒317人に安否確認したうえで遠足の実施を決めた。しかし、当日朝、11台のバスが来ず、午前8時頃、男性社員が学校を訪れ、「発注漏れでバスが手配できていない」と説明。同校は遠足を延期した》=14年04月30日 08時55分 アサヒサイト=。

 11台ものバスを前日に手配するのは「しんどい」から「消えたい」と思うのは理解できる。

 それでも、上司に報告して善後策を図り、そしてバスを確保できなければ学校へ謝罪に赴くというのが常識ある行動というものだが。

 組み立てている積み木が途中で崩れたりすると苛立って積み木を払いのけてしまう、学校へ行きたくないから学校自体の存在をなくすために放火をする、そんな子供の発想と同じ行為をしてしまう30歳の大人。

 社会保障制度の破綻が日本を駄目にしこれからの世代にも重くのし掛かるというが、それよりもこういう人達が増えていって日本社会が潰れる方が早いのでは?。

 精神分析界ではこのような人達をなんと称しているのだろう。

 
その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。