嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

「股を開け」の代わりが握手会

 《2008年からAKB48の6期生メンバーとして活動していた野中美郷が8日、自身のブログで今月いっぱいで芸能界を引退することを発表。その理由が、ファンの間で話題となっている。

 野中は、「私はAKB48が大好きでオーディションを受けました。合格したとき、『夢って叶うんだ』って心から思いました」と加入当時を振り返った上で、「でもここ一年くらい、その夢がぼんやりとしたものになっていて正直、何がしたいかわからなくなっていました。こんな気持ちでみんなと同じステージにいていいのか凄く悩みました。たくさん悩んだ結果、AKB卒業と同時に芸能界引退を決意しました」と、引退理由を綴っている。

 野中といえば、劇場公演に通っていた、板野友美推しの元ファン。そのため、ネット上では「“AKB48に入ることが夢”ってメンバーは、その後ぼんやりするだろうね」「元ヲタのメンバーって、こういう子が多そう」という臆測のほか、「確かに、毎日劇場公演と握手会だけやってたら、やりたいことを見失いそう」「上層メンバー以外は、劇場と握手で酷使されてるだけだからな」「AKB48になれても、それ以上にはなれない」など、同情意見も目立つ》=楽天woman  14/05/09 20:30=。

 下ネタのような話題だが、握手会に来たファンの中には握手する手に××を付けその感触に驚く相手の表情を見て喜ぶとか、いわば変態さんのような連中もいるらしい。

 伝聞というか色々流れている噂なので直接確かめた訳ではないが。

 そういう目にあったから野中が引退を決意したのかは知らない。

 誰が始めたのか起源がはっきりしないが、本の出版に合わせて実施されるサイン会のついでに握手するのがその始まりだったのだろうか。

 CDの購入で握手する権利を確保する。

 会場に足を運んで現金を渡し握手すれば簡単なのに、それはあまりにも直接的な「肉体接触に金を払う行為」だから双方ともに抵抗感があるのか。

 CDを介在させることで「いかがわしさ」を包み隠しているが、郭(くるわ)のお抱え売春婦に「股を開いて稼げ」というのとあまり変わらないと思うのは勘違いなのか。

 股を開いて稼ぐより一件あたりの実入りは少ないが人数が多いからそれを補う以上の稼ぎがある。

 金稼ぎの風潮が流行りすぎてだんだんと精神が麻痺してきているようだ。

 誰の精神が麻痺しているのかには触れないが。

 
その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。