嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

関東地方に震度4から3の地震

 05月13日08時36分 気象庁発表によると、13日08時35分頃地震による強い揺れがあった。

 気象庁地震情報を見てみると、「平成26年05月12日07時15分 気象庁発表 12日07時11分頃地震がありました。 震源地は福島県中通り(北緯37.1度、東経140.2度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.2と推定されます」という情報があった。

 福島県中通りというのは地震震源地としてよく聞くし、よく見る地名だ。

 福島原発が建設される前からかなりの頻度で地震が起きていたと思われる。

 地震多発地帯からは出来る限り離れた地域に建てるというのが原則だと思われる所に原発を建てた。

 原発事故の直接原因ではないが、そのような所に原子力発電所を計画するという会社の精神的体質が原発事故に繋がったとも言えるのでは?。

 事故が起きてからの様々な不手際、ミス、あるいはゴマカシという企業体質を持っている東京電力

 それが元々そうだったとすると、さっさと国が接収するのが最善ではないだろうか。

 といっても、今の政府では安心して任せられないから、国民としては手の打ちようが無いのか。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。