嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

拳銃製造法を公開していた青森県警 

 なんだって!!、取り締まる側の警察がホームページで拳銃の製造法を公開していたのか。

 《青森県警は14日、ホームページ上で公開していた紙で作る「けん銃の作り方」などのページを削除した。

 神奈川県警が今月、3D(3次元)プリンターで製造したとみられる拳銃を所持していたとして男を銃刀法違反容疑で逮捕したこともあり、青森県警は「諸事情を考えて公開を中止した」としている。

 県警によると、警察を身近に感じてもらう狙いで、2001年からホームページに拳銃や警察手帳、帽子などの装備品を作るペーパークラフトの型紙を公開。データをダウンロードして紙に印刷し、切り取って作ると、立体的な拳銃などができあがるもので、作り方も写真付きで解説されていた》=14年05月14日 22時47分 読売サイト=。

 なんだ紙鉄砲か。

 紙鉄砲というと、あれだ、小学生の頃に新聞紙やチラシの紙を折り畳んで作ったやつか。

 振り下ろすと「パンっ」と音を立てるやつだ。

 そんなものなら型紙はいらないから、輪ゴムを飛ばす鉄砲かな。

 輪ゴムも目に当たると失明したりして危ないから万が一を考えたのか。

 わざわざホームページから削除したのだから、ひょっとして本物の拳銃の金型が掲載されていたのか?。

 フーム、それは危険が危ないな。

 3Dプリンターが進化して鉄を素材にした製品が出来るようになれば、日本は銃社会になってしまう。

 そうなると石原慎太郎に「神様扱い」してもらいたい単純思考な若者がテロルに走り出すだろう。

 青森県警は犯罪を未然に防いだから表彰されるかもね。

 
その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。