嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

捨て猫は殺せという事か?

 《捨て猫を行政が引き取らないのは是か非か――。捨て猫を預からずに放して遺棄したとして、愛知県警は県動物保護管理センターの知多支所長らを動物愛護管理法違反の疑いで書類送検した。預かれば殺処分することになる県は、自活できる猫の場合、「遺棄」ではないと主張している。

 県警などによると、昨秋、同県大府市の病院前で段ボールが置かれているのが見つかった。「お願いします」と書かれ、中には子猫1匹が入っていた。病院は東海署に持ち込み、同署会計課長が同センター知多支所に引き取りを頼んだが拒まれたため、近くの造成地に放したという。

 この対応を知ったボランティア団体が、会計課長を同法違反容疑で刑事告発。県警は4月24日、会計課長と、遺棄をそそのかしたとして支所長をそれぞれ書類送検した。

 団体代表は「県警は子猫の遺棄事件をちゃんと調べなかったうえ、さらに自ら遺棄したことが問題」と訴える。

 これに関し、愛知県の大村秀章知事は5月19日の会見で「自活可能な猫を放すことは遺棄とは考えない。職員に違法性はない」と主張。県は、自分で活動できる猫の引き取りを相談された際は放すよう伝えているとい》=14年5月20日07時51分 アサヒサイト=。

 余計な仕事を増やすボランティア団体だと関係者から恨まれただろう。

 人間の赤ん坊が捨てられていてもその親を捜すのは手間がかかるのに、まして猫の捨て親となると‥‥。

 それはそれとして、殺処分が義務付けられているから引き取らないという方法も「動物愛護」精神の発露だとは思うが。

 「引き取ると殺さなければならないですよ」と説明して、それでも引き取れというボランティアがいるだろうか?。

 さて、子猫が初めに捨てられていた場所は病院の前、次に警察署へ運ばれ、最後に県動物保護管理センターへ到着した。

 その間に関わった人達は複数いたわけだが、どの場所でも「私が引き取る」と申し出た人がいなかったようだ。

 告発したボランティアもそれをしなかった。

 子猫が捨てられているのを知るたびにそんな事をしていたらキリがないという事なのだろう。

 ところで、告発したのはどういうボランティアだったのか?。

 市民生活を監視するボランティアだったりして。

 どうもそういう団体への不審が拭えないのはなぜなんだろうか。

 ひねくれているからだ、そんな声が聞こえてくる。

 
その日初めての記事です。以降は無い時もありますが。

   コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。