嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

休みばかり増やしてどうする!!

 《2016年から8月11日を「山の日」と定める改正祝日法が23日、参院本会議で自民、民主両党など与野党の賛成多数で可決、成立した。

 改正案は9党の共同提出で、山の日の意義を「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」とした。国民の祝日(休日)は年間15日から16日に増え、8月としては初めて》=14年5月23日18時34分 アサヒサイト=。

 経済成長させたいのかさせたくないのか、どっちなんだ。

 どっちでもないようだな安倍晋三

 祝日が増える=労働日が減る=生産が減る。

 つまりは国力が落ちる。

 愛国者ではない私としてはそれはどうでもいいのだが。

 そういう売国的動きに愛国者から怒りの鉄拳が見舞われたらどうする!!。

 その一方でプロ野球チームを増やす動きがあるらしい。

 その一方?、よく判らんが。

 《政府の成長戦略に対する自民党の提言で、地域活性化策の一環として、プロ野球のチーム数を現在の12球団から16球団に拡大する構想を打ち出すことが22日分かった。静岡県、北信越、四国、沖縄県といった球団の本拠地がない地域を例示し、政府に支援策の検討を求めた。

 ただ、球団数は1958年から変わっておらず、一時は削減の動きもあった。運営に高額な費用がかかることもあり、企業などの動きが出てくるかは不透明だ。

 提言では、米大リーグで地方都市に次々とチームが誕生して30球団となり「地域に根差した事業として成功している」と指摘。日本でも球団を各地に増やせば、プロ野球市場の拡大と地域活性化につながるとした。プロ野球の現状は「有望な選手ほど米国へ移籍するのが実態だ」と懸念を表明。球団拡大に関して党内に検討の場を設け、政府にも議論を求めた。

 ‥‥略‥‥

 高額な運営費用も企業が参入をためらう一因だ。日本プロ野球選手会の調査によると、外国人を除いた選手の総年俸は巨人が約41億円で、最も少ないDeNAでも約15億円。ほかにも日本野球機構に加盟する際の手数料などで計5億円を納める必要がある》=14.5.22 20:11 サンケイスポーツ=。

 少年の野球離れという記事をつい最近見た事がある。

 自民党は意識調査をしてからモノを言った方がよくないか。

 アメリカと日本では人口規模が違うし、あちらは大都市以外では娯楽も少ないのだから‥‥と思うので野球観戦で楽しむのだろう。

 どこかの県知事は地元に球団が来るとでも思ったのか、喜びの声を上げていたが自分で責任を取れないような人が試合に負けてファンにボロクソにけなされたらとどんな態度を取るのだろう。

 疲弊している地方経済に負担を掛けるような政策ばかり取らないで、たまには庶民のために実利を与えてくれよ。

 あっ、実利は自民党の独占か!!。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。

  コメントもこちらへ。

  嵐を呼ばない海つばめ