嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

別れることは辛いけど

 石原慎太郎橋下徹の離婚会見で石原は「星影のワルツ」をたとえ話として挙げたらしい。

 「星影のワルツ」

 ♬別れることは つらいけど  仕方がないんだ 君のため  別れに星影のワルツを うたおう♫

 フジテレビの電話取材で石原は、「君のため」の君は橋下のことかと聞かれた。

 顔を赤らめながら「そうだ」と石原は答える。

 「顔を赤らめ云々」以下は私の妄想だが。

 男と女だけでなく男と男にも、意気に感じ惚れ込む例はある。

 「名月赤城山」 

 残念ながら「義理と人情」の世界に多いが、社会運動でも影響を受けた人物への崇敬や惚れ込んで運動に参加するケースもある。

 石原は橋下のような出自の人間は嫌いなはずだが、石原の心情に引っ掛かる何かがあったのだろうか。

  
   コメントもこちら↓へ。
  嵐を呼ばない海つばめ

にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。