嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

お前が悪い!!

 《中国外務省の華春瑩(フアチュンイン)副報道局長は13日の定例記者会見で、自衛隊機が中国機に接近したとして中国が公表した映像について、日本が撤回を求めたことに対し、「恥知らず、くだらない、道理がない」と批判し、「一切の行動と言葉による挑発」をやめるよう要求した》=14年06月14日 07時11分  読売サイト=。

 それにしても絵に描いたように予測可能な行動をとる国だ。

 我々は悪くない、悪いのはお前らだ。

 それは大国主義から来ているのか、歪んだマルクス主義がさらに歪んだ結果なのか?。

 中国軍機に自衛隊機が接近したとする動画を公開したのに対し、日本が「動画の撤回」を求めた反応がこれだ。

 「日本政府が理不尽な要求!!」に書いた「都合の悪い映像は公開するな!!、日本政府が理不尽な要求」と言ってくるぞと予測した通りの展開だ。

 多少言葉は違うがほぼ正確と言ってもいいだろう。

 中華帝国から見れば東洋の蛮夷である「小国日本」が我が国に注文を付けるなという発想なのだろう。

 しかし、自分達が作った要因で揉めているなんて絶対に認めない中華帝国

 兵士が民間人に変装して戦闘行為を行えばジュネーブ条約も適用されない、つまり「捕虜扱い」されないというのも知らないから南京大虐殺を言い立てるのだろう。

 それなりの戦闘に民間人が巻き込まれたというより、民間人を装ってゲリラ攻撃をしていた中国兵士が戦闘で死んだというのが真実だと断定してもいい。

 戦闘後には「平服」を着た人が死んでいたから、民間人を殺害したと言えばそれが通ると思ったのだろうか。

 それは「戦法の一つ」として採用されたとすれば文句を言うのもおかしい話しだし、だいいち、あれは日本と南京政府との戦争で共産党政府との戦いではなかったはずだ。

 そんな事は別にしても、明らかに中国船がベトナム船へ体当たりしているのにベトナム側がぶつけてきたと主張する鉄面皮さ。

 そういう手法はマルクス・レーニン主義にあるのだろうか?。

 そんな思想とはとっくに無縁な中華帝国だから関係ないかな。

 それではいつまで中国「共産」党と名乗っているのだろう。

 毛沢東ならさっさと改称していたかもしれないのに、というのは勝手な推測だが。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
  
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。