嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

足下すくわれた総理大臣

 《大詰めを迎えた集団的自衛権の行使をめぐる与党協議で、朝鮮半島での有事(戦争)で「避難する日本人を乗せた米艦を自衛隊が守る」との想定が、注目を集めている。しかし、過去の日米交渉で米側はこの場合の日本人救出を断っていた。首相がこだわり、行使に慎重な公明党もこれなら容認できるとみる想定だが、現実には「日本人の米艦乗船」は極めて困難だ。

 「近隣諸国で紛争が起こって、逃れようとする邦人を輸送する米国の船が襲われたとき、その船を守れなくていいのか」

 11日の党首討論安倍晋三首相は朝鮮半島の有事を念頭に訴えた。集団的自衛権行使の検討を表明した5月15日の会見でも、この例をパネルで示して強調。公明党も「この例に絞るなら集団的自衛権を認められる」(関係者)として、「限定容認」する方向で調整に入った》=14年6月16日08時20分 アサヒサイト=。

 隠れていた同盟軍に撃たれた安倍晋三

 米艦が邦人を救助するという主張には、前からアメリカ軍が「戦闘艦」に民間人を乗せるのは考えられないという指摘があった。

 それよりなにより、正式交渉の中でアメリカは邦人の乗艦を断っていたわけで、話しの前提が全く成り立たない。

 肝心な部分を隠しておいて公明党を取り込み、野党も賛成させてしまうというのは従来からの自民党のやり方だから、今回もそれを継続させているのか。

 アサヒの記事はこれ以上は有料になる天下のアサヒらしくない汚いシステムなので、といっても多くのサイトがそういうシステムなので仕方ないが。

 詳しい情報がそこに掲載されているかもしれないが、もしかするとアメリカが拒否しているのは「戦闘艦による救助」だけかもしれない。

 世界中で人を殺している「人道の国」だから、戦闘艦での救出は民間人が戦闘に巻き込まれる危険を考えたのか。

 ひょっとすると輸送艦での救出は拒否していないのかもしれない。

 色々と恣意的な報道も指摘されるアサヒだから有り得るのか?。

 そういう誤解を招かないためにも有料配信は止めるべきだと思うが。

 さて、米艦による邦人救出とそれを支援する自衛隊という図式が崩れるかもしれないアメリカの対応にどうするのか安倍晋三

 どうしても自衛隊に外国の戦地で戦わせたいグループとしては、いざとなれば「思いやり予算」の増額という飴を持ち出すのだろうか。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
  
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。