嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

物は大切にしよう

 《23日午後8時20分ごろ、鈴木章浩都議の東京都大田区の事務所に生卵約20個が投げつけられていたのを通行人が見つけ、警視庁大森署に届け出た。塩村文夏(あやか)都議へのヤジ問題に関する抗議とみられ、同署は器物損壊の疑いもあるとみて調べている。

 同署によると、当時、鈴木都議や事務所関係者はいなかったという。‥‥以下略‥‥》=14年6月24日01時18分 アサヒサイト=。

 せっかく卵を産んでくれた鶏も食べられずに捨てるような行為に悲しんでいるぞ。

 私達の世代=高齢者=には食べ物を投げるという神経が理解できない。

 競技会のように固形物を投げるという大会もあるが、あれは終了後に拾い集め改めて調理して食べているはずだ、そういう光景が映し出される事は無いがそうだと信じている。

 しかし、生卵は潰れてしまえばゴミも付くし再利用は無理だ。

 抗議をするのならビラにでもして貼付けるとか他の方法を考えるべきだ。

 で、鈴木章浩事務所といえば、あれだ、「結婚しないのか」とかなんとかのヤジを認めた都議だ。

 すぐ周囲には大勢の同僚もいたのに「知らない」とトボケて逃げようとした卑怯者だが、ヤジそのものは事実を指摘しただけともいえる。

 ヤジられた女性都議は既婚者ではないから、「結婚しないのか」はたんなる事実の指摘だ。

 それを女性全般の問題として議会で取り上げ質問している最中にヤジる行為は個人の問題を全体の問題にしてしまったという失敗例だろう。

 ところで、メディアの取り上げ方は「セクハラ」を理由にして非難しているだけのように思えるのは私がひねくれているからか?。

 この女性都議は学生時代に恋人?と別れる時に1500万円を手切れ金?として受け取ったエピソードを得意気に語った事がある。

 1500万円を支払えるというのは金持ちという事になると思うが、恋愛していた相手から「手切れ金」をとるような持代があった事をこの女性都議は反省しているのだろうか?。

 政治家というのは自分の生き方を含めた考え方・行動を支持してもらう部分もあると思うが、金で物事を解決する発想はしないと決意しているのかどうか。

 一応は恋人となっているが、ひょっとすると「愛人」だったのではないかという疑問もある。

 恋愛は個人の自由だから愛人でも構わないが、たまたま愛人になってしまったのかどうかは大きな問題になる。

 そういう過去も含めて反省し、改めて「政治家」として活躍する決意で議員になったのなら過ちを犯すのは人間の性(さが)だから大目に見てもいいが。

 ちょっと上から目線だったかな。

 さて、男性独身都議が同じ質問をして、「結婚しないのか」とヤジられたらそれはセクハラになるのか?、そして、これだけ大きなニュースになったのか?、素朴な疑問だ。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村 ←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。