嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

「参加の自由」は認めない

 《橋下徹大阪市長は7日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)事業に参入の意欲を示していることをめぐり、「僕はUSJの経営者と信頼関係はない。任期中はUSJと信頼関係を築けない。だから、ほかの業者にやってもらいたい」と語り、参入に否定的な考えを示した。

 大阪市内で記者団に語った。市と大阪府は大阪湾の人工島「夢洲」をIRの誘致候補地としている。松井一郎大阪府知事も「USJはカジノの部分については経験が全くない。エンターテインメント部分では協力するということになるのではないか」と指摘した。

 大阪市とUSJは市有地の賃料をめぐって裁判で争っており、市幹部は橋下氏の発言について「裁判が背景にあるのではないか」と語った》=14年7月7日23時33分 アサヒサイト=。

 自由特区を作るぞ、企業が自由に競争出来る社会を、そんな主張をしていたような気もするが、気がするだけでひょっとすると勘違いだったかな。

 カジノ構想には橋下や松井の関係者が優先参加が許されるというわけか。

 まず「排除ありき」では橋下がこれまで主張して来た姿勢に反しているように感じるが。

 今でもそうか不明だが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには住友系が多く参画していたようなので、橋下や松井を支持する程度の企業では太刀打ち出来ないと踏んでいるのか。

 とは言っても、関東圏からはもっと大資本が名乗りを上げるかもしれないし、それほど上手く思い通りになるとは思えないが。

 具体化する前に早くも利権争いの前哨戦のような様相、橋下の行くところ波乱有りだ。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。