嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

進研ゼミデータ漏洩

 《「進研ゼミ」などで知られるベネッセホールディングス(HD)で発覚した顧客情報の大量漏えい問題。消費者庁によると、最大約2070万件もの流出は国内では過去最大規模で、9日夕に緊急記者会見した同社幹部らは謝罪を繰り返す一方、「外部犯行」と強調したが、警察の捜査への影響を理由に具体的な根拠は示さなかった。

 「被疑者は、我が社のグループ社員ではございません」

 東京都内で9日夕に始まった記者会見で、ベネッセHDの原田泳幸
えいこう
会長兼社長は、深々と頭を下げた後、強い調子でこう言い切った。

 ベネッセ側の発表によると、大量漏えいは、顧客からの問い合わせをきっかけに発覚。顧客データベースへのハッキングによる不正接続の形跡は確認されておらず、接続できる権限のある外部の人物の関与があったと結論づけたと説明した 》=14年07月09日 21時20分 読売サイト=。

 内部関係者とかグループ社員でない方が怖いと思うのだが。

 外部の無関係な者が企業の資料が詰まったパソコに侵入してデータを盗み取る、インターネット時代にはあってはならない企業のいい加減な防衛姿勢だ。

 具体的な根拠を示さないのか示せないのか、どちらにしてもそう断言出来る根拠は何か。

 普通に考えれば犯人に心当たりがあるけどこいつだと言えないのか、それとも犯人から脅されているのか、そんな所だろう。

 進研ゼミのパソコンにもパスワードが掛かっているはずだが、あのパスワードが面倒くさい。

 今では「パイワード管理ソフト」のようなものもあるが、たぶんそれを使うにもパスワードが必要なのだろう。

 何種類ものパスワードなんて使うと覚えきれないので一寸だけ変えると、暫く使わないと忘れてしまうのでいざという時にパスワードが記憶の彼方に飛んでいる時が多い。

 そんな経験は誰もがあるだろうが、特に最近は物忘れが多くなっているので控えを作ってある。

 それを見られたら秘密も何も無い‥‥‥といっても、秘密のフォルダを作ってあるわけではないから意味は無いのだ。

 そういえば、昔の事だが出入り先のそこそこ有名な部品メーカーのある部署へ仕事で行っていたのだが、そこにパソコンが置いてありその前の壁に数字を書いた紙が貼ってあった。

 そうなのだ、パソコンのパスワードだ。

 まあ、重要部署でも保安部署でもないからいいのだが、とはいえ、部品の名称が判ればどの部品を多く生産しているかぐらいはすぐに判ってしまう。

 注文時期を見ればいつ何を重点的に生産するのかも判ってしまうわけで、企業がどれに力を注ぐかがバレる。

 現場とか、日常的に上部から注意を受けていない部署というのはそういうものだ。

 警察官だって署内のパソコンを操作してデータを盗む時代なのだから、たかが「塾」程度ならそれはあっても当然だ。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。