嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

唯我独尊は独善主義ではない

 《14日、環球時報は「菅直人が安倍を“唯我独尊”と批判、安倍政権は日本にとって危険」と題する記事を掲載した。‥‥略‥‥

 菅直人元首相は13日の自身のブログで安倍首を批判している。

 ブログでは「この1年あまりで、多くのことがはっきりした。安倍総理が日本国総理でいる限り、近隣諸国との関係改善は不可能ということ。自民党の中でも声高には言わないが、安倍総理のままでは日本を危うくすると感じている人が多くなっている」とし、「安倍晋三という政治家は、自分の思いの実現がすべてに優先し、本気で国や国民のことを考えていない。唯我独尊の危険極まりない政治家である」と批判している》=14年7月14日 9時58分 レコードチャイナ 太字by海つばめ=。

 私も昔は解釈違いをしていたが、菅直人は今でも意味を取り違えているようだ。

 「唯我独尊」は自分だけが尊い存在という意味ではなく、ましてや自分だけを敬いなさいという意味ではない。

 「我(われ)という個人個人の存在が尊いのだ」というのであって、釈迦という個人が尊いと説いているのではない。

 そうでなければ「仏教」思想に反するのでは?、と生半可な理解者としては思うのだが。

 広大無辺な仏(ほとけ)の心の前では1人だけが偉いという事は無い。

 宗教学者ではないから上手くは説明出来ないが、一神教のように他の神より私の方が優れているという思い上がりは釈迦には無いと思う。

 だから、菅直人が「俺だけは正しい」という意味で「唯我独尊」を使用するのは間違っている‥‥と思うがどうだろう。

 とはいえ、実質的には増長して俺が俺がの傾向にある安倍晋三を評して「独善主義」だというのは当たっているとは思うが。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。