嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

芸能・スポーツ評論家に転身

 《麻生太郎副総理兼財務相は22日の横浜市内での講演で、AKB48を引き合いに日本人が結束して取り組んだときの強さを指摘、ものづくりによる経済再生、地方の活性化に生かすべきだとの考えを強調した。

 麻生氏は「日本を象徴するおしん、なでしこ、AKB48。この3つの共通点はひとりで一流品はいないことだ」と“指摘”。そのうえで、AKBについて「(海外の芸能人のほうが)プロポーションもいい、歌もいい、顔もきれい。プロに聞いたらみんな言う。しかし、せーのでまとまったら必ずAKBだ」と述べた。一致結束したユニットとして人気を誇るAKBに日本の底力を見たようで、「日本人は体格的には劣位でも、まとまって行動したときは間違いなく強い」とも語り、ものづくりを中心とした景気回復や雇用の創出で経済再生や地方活性化を実現していくべきとの考えを強調した》=14.7.22 17:54  サンケイサイト 太字by海つばめ=。

 おしんがグループなのかについては疑問だが、ドラマも映画も見ていないので実際には共同作業があったのかもしれない。

 とはいえ、AKBを「ひとりで一流品はいない」は正しい分析と言えるが、なでしこもそれと一緒にしてしまっていいのか。

 しかし、世の中には思っていても口に出してはいけない事もある。

 「(海外の芸能人のほうが)プロポーションもいい、歌もいい、顔もきれい」なんかは多くの人も感じているのだが、それを口にしない。

 そこらへんにいる女の子の方がメンバーより上位だと思う時がある。

 といっても、最近はほとんど出歩いていないので比較対象も少ないが。

 芸能界にはある程度は客観的な評価が出来るのに、麻生太郎は社会情勢、そして自身の専門分野である政治を客観的に評価出来ていないように感じてしまうのは?。

 しかし、正直者は馬鹿を見るという言葉があるように、思った事をそのまま口にしてしまうから「失言」が多いと言われるのだ。

 さて、何かあるとまとまって同じ方向へ走るというのは長所であるが短所でもある。

 その中に冷静な判断でブレーキを掛ける人が存在しないから「暴走」する恐れがある。

 今の安倍晋三のように。

 麻生太郎は暴走者安倍内閣のブレーキ役になれるのか‥‥‥一緒にアクセルを踏むのだろう。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。