嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

売国アニメ「ドラえもん」との批判も

 《日本のアニメ「ドラえもん」が7月、全米デビューを果たした。米国の子どもに違和感がないよう、箸をフォークに、焼き芋をポップコーンなどに変える「現地化」も。熱烈なファンには物足りなさもあるようだが、まずは好意的に受け入れられている。

 日本のテレビ朝日ディズニーチャンネルが合意し、放映が決まった。今月7日からディズニーの有料チャンネルで放送を始め、毎週月曜から金曜まで、各30分間放映している。

 米国版では、健康志向のディズニーに合わせ、菓子を果物に変えたり、ドラえもんが大好物のどら焼きを食べる量を減らしたりした。和食を洋食に、日本のお札をドル紙幣にするなどの工夫もしている》=14年7月25日11時14分 アサヒサイト=。

 ミッキーマウスはどこへ行ってもミッキーマウス

 ポパイはどこでもほうれん草の缶詰をどこからか取り出す。

 ミッキーマウスの好物が何かは知らないが、食べるとすればネズミっ子が好きな食べ物になるだろう。

 それはハンバーグとかホットドッグ、ポップコーンなどかな。

 ドラえもんはアメリカで好きなどら焼きも食べられないそうだ。

 映画やアニメは宣伝でありプロパガンダだ。

 自国の文化を外国へ知ってもらうという役割を担いつつ、文化侵略の先兵でもある。

 日本は映画やアニメに西欧白人流の「政治宣伝」を含ませる必要は無いにしても、自国の文化を知ってもらうにはいいチャンスだというのに。

 そういうところに「欲」を見せないのが日本人のいいところであり悪いところのようだ。

 一部の人たちからは、売国アニメ「ドラえもん」との批判も上がっているとかいないとか、どっちなんだ。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。