嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

朝鮮人慰安婦24年目の真実

 《■読者のみなさまへ

 吉田氏が済州島慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました》=14年8月5日05時00分 朝日新聞サイト=。

 リンクは早々に切れる可能性はあるが。

 証言の信憑性の疑義を指摘されてから艱難辛苦、幾星霜の日々を耐え忍んできた朝日新聞が遂に「朝鮮人慰安婦強制連行証言」は虚偽だったと認めて取り消した。

 リンク先の記事を読めば100%吉田証言をまともに信じた記事で、傍証も関係者の証言もなしに記事を書いたのが判る。

 「読者の皆様へ」の書き出しはまるで「告知」の記事で、間違ってはいないが本来は「謝罪」の見出しとそれを本文の中に入れるべきだ。

 そして、このサイトに記載された内容が全てだとすると、謝罪する主体が見えない。

 朝日新聞編集部なのか朝日新聞社なのかが記されていない、

 ことは「日韓」・「日中」という外交関係にまで影響を及ぼしているのに、そういう責任を感じていないかのように淡々と記事は書かれている。

 それが「朝日体質」なのだと開き直っているのだろうか。

 新聞を取っていないので判らないが、本来は「社説」を使って謝罪すべき事なのだが、それはなされているのだろうか。

 そして、証言への疑問が提示されてから今日まで放置してきた責任を朝日新聞はどう取るつもりなのだろう。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。