嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

犯人は既に逮捕されていた

 《イスラエル政府は8日、パレスチナ自治区ガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマスに対する軍事作戦を開始した。ガザからのロケット弾攻撃を止めることが目的》=8日 ロイター=。

 この記事は先月8日付けのもの。

 なぜ、今頃こんな記事を引用するのか?。

 当時、イスラエルユダヤ人少年3人が行方不明になり殺された事件で、犯人はハマスだと主張していた。

 その報復がガザ攻撃だったが記事はいつの間にかハマスのロケット攻撃阻止を目的に変えている。

 さて、今月6日付けで以下の記事があった。

 《イスラエル当局は6日、同国の10代の少年3人が誘拐・殺害されヨルダン川西岸で遺体で発見された事件で、これに関与したとしてイスラム原理主義組織「ハマス」のメンバーとされる人物を拘束していたことを明らかにした。

 この事件はイスラエルハマスの対立を激化させ、ハマスが拠点とするパレスチナ自治区ガザへの3週間半におよぶ攻撃のきっかけとなった。

 7月11日に逮捕されたのはヨルダン川西岸の町ヘブロンに住むホッサム・カワスメ容疑者。イスラエル当局によると、この人物はハマス工作員で、少年らの誘拐殺人事件で「指揮官の階級」にあったことを自白したという》=14 年 8 月 6 日 19:10  ウォールストリートジャーナル=。

 7月8日にガザ侵攻開始、3日後の11日にガザではなくヨルダンで殺人犯を逮捕。

 報復を理由に侵攻を開始したのなら、その犯人が捕まった時点で侵攻を中止する事も出来たはずだ。

 開き直ったわけではなく、イスラエルは理由なんかはどうでもよくてとにかくイスラエルの勢力範囲を拡大する意図がある。

 アメリカが自国の近辺に反米政権樹立を許さないように出来るだけ自国の周囲を防衛地帯としておきたいのだ。

 何か理由をつけてガサに攻め込むのが目的だ。

 ガザからの撤退が終了した時点で犯人逮捕を発表するのはそう言うわけだ。

 彼らの言い分をそのまま受け取ると頭のいい彼らの思い通りにされてしまうようだ。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。