嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

あそことあそこは除外

 軍事力の強大さでイラク・シリア・クルド自治区を脅かす「ISIS」が中国を『復讐ランキング』首位に挙げていると中国・鳳凰週刊が記事にしたようだ。

 「復讐」というのはおどろおどろしいが、理由は新疆ウイグル自治区での中国による弾圧らしい。

 それは中国の自業自得とも言えるが、自分達の苦しみをISISが解放してくれると言った甘い考えで支持したり参加すると他で見られたように痛い目に合うのだろう。

 そのISISが復讐対象としてあげたのが以下の国だ。

 「中国、インド、パキスタンソマリアアラビア半島コーカサス、モロッコ、エジプト、イラクインドネシア、アフガン、フィリピン、シーア派イラクパキスタンチュニジアリビアアルジェリア中央アフリカミャンマー」。

 イスラムの民を抑圧し弾圧している国々が復讐相手だ!!、というのなら、イスラム教の慣習である衣服への制限をしたり禁止しているヨーロッパの国家は対象にならないのか。

 そして、イスラム圏を分断させ混乱させて来たアメリカや、イスラム・アラブの土地を収奪して国家を樹立したイスラエルはどうなのだ。

 復讐対象国を明確にしてしまった事で、ISISの背景が見えてしまったようだが。

 中東を混乱させる方針がアジアの混乱へと拡大される。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。