嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

理解出来ない足立区の行政

 理解出来ないのはアルコールが入っている状態で記事を読んだからだろうか。

 《東京都足立区は19日、総額約212万円に上る16世帯分の児童扶養手当を、誤って1世帯あてに振り込んでしまうミスがあったと発表した。

 区によると、ミスが起きたのは、年3回の定期支払いに手続きが間に合わなかった家庭への臨時支給。区は対象世帯ごとに振り込みをしなければならなかったが、手当が各世帯に自動振り分けされる定期支払いの処理を行い、全額が1世帯に渡ってしまった。振り込みは15日に行われ、18日になって「手当が振り込まれない」という受給対象者からの連絡でミスが発覚した。全額が振り込まれた世帯は、誤支給分の返還に同意しており、区は19日、残る15世帯に、改めて手当の振り込み手続きを行った》=14年08月20日 10時20分 読売サイト=。

 「手当が各世帯に自動振り分けされる定期支払いの処理を行い、全額が1世帯に渡った」という部分だ。

 この業務に携わっている公務員でこのブログを見ている人がいたら教えて欲しいのだが、そんな事があるのだろうか。

 16世帯に自動振り分けされる処理をしたから1世帯だけに振り込まれた。

 ウーン判らん。

 それって1世帯だけに振り込むように手続きがされたわけではないのか?。

 振込手続きというのは、振込先が複数あれば一件ずつ相手を指定していくはずだが、この児童手当というのはそういうシステムではないのか?。

 それとも足立区が特殊なのか?。

 不思議だな〜。
 
 そういえば足立区ではこんな事もしていた。

 「公務というのはそういうものか?」。

 何というか、どこか抜けているのか足立区は!!。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。


コメントもこちらへ→http://arasinoumi.exblog.jp/  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。