嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

土砂災害地の行方不明者氏名公表

 《広島市の災害対策本部は、安否の確認につながる情報の提供を広く呼びかけるため、25日にも行方不明のおそれがある人の氏名を公表することを決めました。

 広島市の土砂災害では、これまでに52人の死亡が確認され、行方不明のおそれがある人は28人に上っています。

 市の災害対策本部は25日朝、会議を開き、依然として行方が分からない人の安否の確認につなげるため、氏名を公表するかを協議しました。

 その結果、連絡がつかないだけで土砂災害に巻き込まれていない人が含まれている可能性もあるとして情報の提供を広く求めるため、25日にも行方不明のおそれがある人の氏名を公表することを決めました。

 氏名は広島市のホームページに掲載されるほか、市役所や区役所それに避難所にも掲示されるということです。

 ‥‥以下略‥‥》=8月25日 11時10分 NHKニュース=。

 たまたま旅行に出掛けている間に起きた土砂災害で行方不明者に数えられている人もいるかもしれない。

 あるいは、その地域に住んでいるのを隠しておきたかった人もいるかもしれない。

 そういった点も考えているとは思うが、情報を集めるという意味では必要な策だったのだろう。

 それよりも気になっていたのは、あの災害直後の映像だ。

 救急車が被災住宅へ向かうのだが狭い通路を車両幅ギリギリで通過していく。

 ニュース動画で被災地区の全体が映し出されるがほとんどの道路幅が狭い。

 被災地域は新興住宅地という説明があった記憶がある、実際に映し出される住宅は比較的に新しい。

 公営?集合住宅も建設されている。

 広島市は団地として計画され、申請があった段階で道路幅を広くするように指導しなかったのだろうか。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。