嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

ヘジャブはダメというので試合放棄に

 無宗教無神論派としては放っておいてもいい話題だが、「貴方が宗教を信じるのは否定しない」派としては一寸一言。

 《女子1次リーグのカタール―モンゴル戦は24日、頭部を覆うヘジャブを着用した一部のカタール選手が出場を認められず、試合放棄となった。

 試合は規定により20―0でモンゴルの勝利。大会組織委によると、頭に着用する大きなヘアバンドなどを制限する規定に違反すると判断された。

 イスラムの女子選手が着けるヘジャブを巡っては、2012年のロンドン五輪で、プレー機会の公平性を確保するなどの観点から、柔道で着用が認められた。国際バスケットボール連盟(FIBA)は今月、将来的にヘジャブなどの着用を調査・検討していく方針を示していた。

 試合後、カタール選手の一人は「ヘジャブが禁止なのは知っていたけど、国際連盟の背中を押したかった。今大会もサッカーやハンドボールは、ヘジャブを着けてプレーしている」と語った》=14年09月25日 09時24分 サンケイサイト=。

 で、ヘジャブというのはこれ。→前列2人が頭部に巻いている白い布。

 どちらかと言えば競技中に邪魔になるのではと要らぬお節介を焼いてしまう。

 競技はバスケットボールなのでこれを着用していてプレーに有利になるとは思えない。

 相手選手がこの丸くなっている頭部を見てボールと間違え手で掴もうとするぐらいか。

 ヘディングのあるサッカーならボールの動きに微妙な影響を与えるとか、ヘジャブの下に何かを入れて反発力を上げたりも考えられるが、今までたまたま目にしたバスケットの試合ではヘディングする場面は登場しなかった。

 ここで例外を認めるとあれもこれも認めろと図々しく言ってくる人達が出てくるのを警戒しているのだろうか。

 それはそれで拒否するか応じるかをあらためて議論すればいいと思うが。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください