嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

安倍当惑 九条がノーベル平和賞か?

 《10日にノルウェーオスロで発表される2014年のノーベル平和賞の受賞予測に、「憲法9条を保持する日本国民」が浮上した。受賞予測を毎年発表している民間研究機関、オスロ国際平和研究所(PRIO)が3日、ウェブサイト上の予測リストを更新し、それまで「欄外」だった「憲法9条」がトップに躍り出た。受賞への期待が高まりそうだ。

 受賞予測リストは、①フランシスコ・ローマ法王②エドワード・スノーデン氏③「ノーバヤ・ガゼータ」(ロシアの新聞)④ドニ・ムクウェゲ氏(コンゴ民主共和国の医師)⑤マララ・ユスフザイ氏(パキスタン出身の女性の教育の権利提唱者)が挙がっていたが、3日付でリストが更新され、フランシスコ法王が「憲法9条」に差し替わった。他の4候補は順位が入れ替わっただけだった。

 PRIOのハープウィケン所長(52)は3日、朝日新聞の取材に応じ、「中立や不可侵、平和主義につながる原則を掲げる憲法9条は、軍事的な紛争解決が多用される昨今において重要にもかかわらず、十分に光が当てられていない。領土問題などアジアがはらむ将来の紛争のおそれについても注目されるべきだ」と話した》14年10月4日00時20分 アサヒサイト=。

 ああだこうだと言ってもたかが民間の研究所の予測リストだし、しかも、朝日新聞の記事だから希望的観測なのかもしれないが。

 もし、憲法九条が平和賞を受けるとなると、強硬な解釈改憲集団的自衛権という「一緒に戦争したいよ」なんて幼児的発想を実現しようとしている安倍晋三にとっては痛し痒しの事態だろう。

 日本国が受賞となると受け取りに行くのは日本政府代表の総理大臣、代理人が行っても日本政府が受け取った事になるわけだ。

 ひょっとすると、民間の憲法擁護団体代表にお任せするのか?。

 いずれにしても。国際的に日本国が護持する「戦争放棄」の憲法が認知されるわけで、「戦争シタイシタイ病」に罹っているとしか見られない総理には不愉快だ。

 平和憲法に対して「ノーベル平和賞」が授けられたのに、あの国の総理はそれを否定するかのように「戦争出来る軍隊」を合憲化しようといていると世界から笑われる。

 さて、安倍晋三は「ノーベル平和賞」をどうするのか。

その日初めての記事です。以降は↓無い時もありますが。
コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ地雷を踏んでみてください。