嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

異常テロ行為進行

 イスラム国によるテロの恐怖よりも怖い異常テロが日本に侵攻していた。

 《安倍晋三首相が19日の衆院予算委員会の質疑で、西川公也農林水産相献金問題を追及する民主党議員に首相席からヤジを飛ばし、大島理森委員長からたしなめられる場面があった。

 民主党玉木雄一郎氏は質疑で、砂糖業界の関連企業から西川氏側への献金を「脱法献金だ」と主張。その直後、首相は「日教組どうするの」などとヤジを飛ばした。過去の日教組加盟組合による民主党議員への献金事件を指したとみられる。玉木氏は「日教組の話はしていない」と応酬。大島委員長が「ヤジ同士のやりとりをしないで。総理もちょっと」と双方を注意した。

 質問終了後、玉木氏は「首相席からヤジを飛ばすのをやめてほしかった」と記者団に語った》=15年2月19日22時39分 アサヒサイト=。

 明らかに精神異常者のような行動を取るその男性の目は正常さを失っているように感じた。

 国連総会の場で一国の首相が脱いだ靴を手に持ち机を叩く姿が全世界に流された記憶が甦る。

 あの映像が流れるたびに恥ずかしさを感じたソビエト国民もいただろう。

 精神に障害を持った自国首相の行為に恥ずかしさを感じるのは正常だ。

 さて、過去の英雄に学べとばかりに我が国の国会でも、頭の中に浮かんだ言葉を呪文のように唱える異常者が出現した。

 異常者という表現がきつければ、頭に浮かんだ下品な言葉を投げ付ける子供のように「純真な大人」の姿がそこに見えた。

 小泉に続き「思い込んだら突っ走る」、異常者が統治する日本になったようだ。

 自分が答弁している時に野次が飛ぶと、「私が答弁しているのですから」と嗜めたのは誰だっただろう?。

 ちなみに「利益」を見返りに寄付するのと、政治信条を考慮して寄付する行為の違いぐらいは理解すべきだが。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ  
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。