嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

呪い殺されるぞ!!

 何がきっかけかは知らないが隣人ともめて、呪い殺してやると言って逮捕された女性が春先の季節の変わり目でもない今日出現した。

 《5年半前に、大学の研究室からパプアニューギニアの「神様」と信じられている像が盗まれた。一体どこへ? 持ち主は「今からでも遅くない。返してほしい」と呼びかけ、像を探し続けている。

 「神様」とは、パプアニューギニアの「セピック川」流域地方の伝統工芸品。木製の像で、貝や鉱石などの装飾がされており、体長約1メートル、重さ約10キロ。現地では祖先をまつる像としてあがめられ、地域の集会所などに安置される守り神のような存在だという。

 三重大学人文学部の元教授で、東南アジアオセアニア文化人類学が専門の石井真夫さん(65)は、1989年に研究でパプアニューギニアを訪れた際に数万円で像を購入。それ以来、石井さんの研究室の前に置かれ、学生への連絡掲示ボードやリポート提出用の箱が首からかけられるなど、長年、研究室のシンボルだった。

 その姿が消えたのは、2009年11月25日午後5時半~7時の間。盗難に気付いた石井さんは、その日のうちに津署に被害届を出し、返却を求めるチラシを作った。

 「強い呪いがかかり非常に危険です。国内で治療することは出来ません」

 チラシは石井さんの研究室の扉に張られ、チラシの画像はインターネット上にも公開され、今も拡散されている》=15年6月8日10時06分 読売サイト=。

 元とはいえ、大学教授が 「強い呪いがかかり非常に危険です。国内で治療することは出来ません」なんて、非文明的な言葉で盗人を脅すとは、それも学問の自由というものか?。

 盗人にそれだけの罰が下るのなら、日常的に「連絡掲示ボードやリポート提出用の箱」用に使っていたこの教授はどれだけ恐ろしい天罰を食らったのだ。

 それに、現地でも工芸品として数万円で売られる「土産品」扱いが神様並みとは?。

 世の中は不思議ばかりだ!!。

 

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。