嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

怒気を含む取材者

 今朝はフジテレビの「特ダネ取材班」‥‥番組の中でそう言ったので事実だろう・・・・・・。

 女性演歌歌手のセクハラ行為で話題の町長に突撃取材するリボ−タ−、車に乗り込もうとする町長にマイクを向けながら走る。

 例のごとく呼びかける声には「俺たちマスコミから逃げるのか」という意気込みを感じる。

 車の傍で喚くリボ−タ−。

 画面には「あなたには答える義務がある」とテロップが流れる。

 しかし、私の耳には「あんたには」と聞こえた。

 いつもながら俺たちは「正義の味方だ」という意識過剰な勘違い。
 
 誰がどう考えても「犯罪者」だとしか断定できない事件の当事者は別にして、取材者=マスコミの態度は考え直した方がいいのではと思う今日この頃。

 ところで、町長の行為は歌手への「オヒネリ」を渡す仕草では?。

 胸元に入れようとした町長にちょっと胸を突き出すようにしたのは、歌手がそれに馴れているからだ。

 もちろんそれだからといって町長の行為が正当化されるわけではないが。

 

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。