嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

誰に責任があるか申し上げない

 《安倍晋三首相は20日、フジテレビの番組に出演し、2020年の東京五輪パラリンピックの主会場となる新国立競技場の建設計画を白紙撤回した問題に ついて、「誰に責任があるとか、そもそも論を申し上げるつもりはない」と述べた。そのうえで、「世界の人々を感動させる大会にする。責任は日本政府にある し、私はその最終的な責任者だ。新国立競技場をオリンピックに間に合わせて、新たな感動を生み出していく」と意欲を示した》=15年7月20日23時13 分 アサヒサイト=。

 細かい言葉は忘れたが、と言うか覚える気もなかったが確か、世界に誇れる先進的な競技場を作ると言っていたのは誰だったか?。

 大日本帝国の宰相になろうと思っているのならあらゆる事柄について理解出来なければいけない。

 この風変わりで目を引く建物は本当に建てられるのかとか、予算は大丈夫なのかという事から施設の使い勝手はどうかといった事も知っておく必要がある。

 それが「独裁者」になりたい人物の最低限の努めだ、その資質があるかどうかは別にして。

 一国の総理だから最終責任は総理大臣にあるなんて、改めて言う必要も無いのにこの人物はよくこの言葉を口にする。

 ことさら自分が責任者だと言わないといけないぐらいに自身に自信が無いようだ。

 唯一、安倍の言葉通りになりそうなのは、オリンピック史上最高額になる競技場建設費が与える新たな感動ぐらいか。
 
 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。