嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

私を外さないで!!

 《新国立競技場の計画案を白紙撤回された英建築家ザハ・ハディド氏の事務所が、政府に直接交渉を申し入れたことが21日、設計関係者への取材で分かっ た。デザインをゼロベースで見直す場合でも約2年間かけて行われた基本、実施設計を生かせるところは生かし、切迫する工期のリスク軽減などを提案する。

  設計関係者によると、ザハ・ハディド氏を含めた事務所の総意は、新国立のプロジェクトに最後まで関わりたい意向。現時点で違約金などを求める段階ではない という。サッカーW杯招致のため、常設で8万席などの条件が出ており、このままでは総工費は下がらず、白紙撤回があまり意味をなさないとの見方もある。今 週中にも政府関係者と直接対話をしたい考えだ。

 また、ザハ事務所への白紙撤回の通知が簡易の書類1枚だった。安倍晋三首相が白紙撤回を 表明した17日夜、契約を取りやめる旨の書類が添付されたメールが事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)から送付されたという》=日刊スポーツ 7月22日(水)10時12分配信=。

 未練がましいとはこの事か?。

 元大総理から「生牡蠣」と酷評される設計をしながら、まだ図々しく私にやらせろと主張するのか!!。

 まあ、問題になってからアアダコウダ言い始める政治家には言葉も無いが。

 一応は芸術家の範疇に入る設計屋ならどうしても自分が関わりたいと思うのも仕方ない。

 とはいえ、よく判らないうちに金が支払われていたり、ゼロから見直すのなら審査に残った設計案でもいいはずだし、わざわざザハをもう一度参加させようというのはなぜだ。
 
 ちょっと考え過ぎかもしれないが、このザハというのは本当に純粋なイラク人なのか。

 人を見かけで判断してはいけないが、どうにも強欲そうに見えるのはなぜだ。

 このまま自分を参加させなければ、つまり、金を寄越さなければ密約をバラスわよと言いそうな雰囲気がプンプンする。

 そんなことはないだろうが。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。