嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

TPP提唱国日本

 《アメリカ・ハワイで4日間の日程で行われたTPP(環太平洋経済連携協定)の閣僚会合は日本時間1日、全ての日程を終了した。甘利経済再生相は今回の会合を「最後の閣僚会合」にしたいと話していたが、合意には至らなかった。

 アメリカ通商代表部・フロマン代表「TPP交渉の妥結に向けた道筋をつけつつ、残された課題の解決に向け作業を継続します」

 ‥略‥

 甘利経済再生相「某国はちょっと、いろいろ過大な要求をされている国がありまして、日本だけでなく全部の国がしまらないというところがありますから」

 ニュージーランド・グローサー貿易相「私たちが大幅に譲歩しているのに、こちらの要求は受け入れてもらえない」

 閣僚会合は今月末までに、もう一度開かれる方向で調整されているということで、甘利経済再生相は、「もう一度やれば決着できる」と話している。‥以下略‥》=15年8月2日 01:20 テレ朝ニュ−ス 太字by海つばめ=。

 なんだか最近の報道をみていると、まるで日本がTPP提唱国のような印象を受けてしまう。

 反対していた自民党出身の閣僚達からもその雰囲気が消えた。

 消えたというより、率先してTPP実現にひた走っているような気がする。

 なぜなんだろうな。

 交渉の大詰めが近づいた頃に反対の急先鋒だった「農協」解体が表面化した。

 偶然だったのか?。

 自民党支持票も少なくなった事だしというのも有ったのか?、真実は判らないが。

 アメリカが提唱して日本がその手先として活動する、まさに日本の役割がよく判る動きだ。

 次期大統領候補クリントンも反対しているらしいTPP。

 基本的には自国生産物を優先させるのが国としての方針だと思うが、それを主張すると「国家主義者」の誹りを受けるのか!!。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。