嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

国際的詐欺話

 海外にある電話に掛けるといつの間にか高額請求された、そんなニュ−スはよく聞いた覚えもある。

 大概それに釣られたのはエロいネタに関してだった。

 さて、そんなスケベ心とはまた別のスケベ心に心奪われた人たちが国家的規模で現れたらしい。

 「火山島と溶岩洞窟群」として世界自然遺産に登録された韓国・済州島(チェジュド)、さらに 「世界7大自然景観」(世界7大自然奇観)の登録を目指しませんかと誘いを受けてホイホイと乗ったのが韓国。

 電話投票形式で一人何回投票してもいいからというわけで、済州特別自治道は投票に掛かる電話料金を全額負担。

 済州市では市職員に電話を掛けるように指示、さらに専用電話を設置して役所を訪れた市民にも電話をするように奨励した。

 その結果、見事に「世界7大自然景観」に済州島は選ばれたのだが。約24億円の電話料金を支払うはめに。

 その何割かは主宰したニュー・セブン・ワンダーズ財団の懐に入るらしい。

 韓国のマスコミが調べたところでは、同財団事努所とされていたのは博物館、電話の相手はいろいろな詐欺話に登場する海外のタックスヘブンの地。

 そんな話が産経ニュ−スに載っていた。

産経の記事を素直に読んだが、それによると電話料金を済州特別自治道が直接財団に支払うようになっている。

 日本のダイヤルQ2ではNTTが代行業者のような役割だったはずだ。

 つまり、一度は電話会社に納金されてから財団に渡るのでは?。

 さて、記事は正確なのかどうか、ひょっとするとなかった詐欺話に産経が騙されたのか。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。