嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

消費税の軽減税率

 財務省に丸め込まれた麻生太郎が「マイナンバー利用の消費税還元」なんて突拍子もない案を出してマスコミ、国民、評論家から総叩き状態らしい。

 年間4000円程度の還元にわざわざマイナンバーを使うかという疑問が出されたり、商店も消費者も面倒臭いやり方だという声が上がっている。

 4000円を還元するのに経費は幾ら掛かるのだという意見もある。

 レジ製造・販売メーカーが儲けるだけのシステムしか考えられない官僚というのは、どちらを向いているのかがはっきりするわけだ。

 さて、そういう問題を孕みながら実は財務省案には「外国人差別」という別の側面があるのには誰も触れない。

 消費税は日本国内に居住すれば観光客のような一時滞在者も支払わなければならない。

 財務省案では還元されるのは一年後になるようだから、ほとんどの外国人観光客やビジネスで訪日した人達は帰国してしまっている。

 その人達への還付はどうするのだろう?。

 財務省官僚の脳内には「外国人の存在」は全く浮かんではこないようだ。

 ところで、マスコミが「軽減税率、軽減税率」と五月蝿いのは創価学会の潤沢なCM資金が目当てなのか! !。


 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。