嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

再稼働へ総力

 福島原発の原子炉爆発を受けて、菅直人が実行した唯一の業績と言ってもよいのが静岡県浜岡原発の稼働中止だった。

 喉元過ぎれば熱さ忘れるの諺のように中部電力原発再稼働へ向けて着々と準備を進める。

 津波を防ぐ設備は、現在まだ原発の中にある放射能燃料棒を万が一の事態から守るためなのだが、それを再稼働への安全策のようにPRする。

 「福島第一原子力発電所のような事故を起こさないという決意のもと、地震津波や万一の事故に対する設備・体制の強化を図る‥以下略‥」と書かれた「電気使用料のお知らせ」なる紙も使い始めた。

 だから、万が一の事故が起きれば取り返しがつかないほどの悲惨な事態になるとくどいほど言っているのに!!。

 福島原発事故はたまたま原子炉の一部が破壊されただけだが、もし、原子炉本体が爆発していれば今の避難地域どころではない広範囲に放射能が撒き散らされていただろう。

 死者もどれだけ発生したかを考えると再稼働を主張する人達の精神状態が判らない。

 事故の責任を取って東電経営者が刑務所へ入居した事実もない。

 原発推進の声を上げてきた政治家も責任を取らないし、通産官僚も平然とその椅子に座っている。

 彼らに責任を取らせる体制を作ってから「再稼働」を論議すべきではないのか!!。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。