読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

何十回目の義務違反?

 《原子力規制委員会が2012年9月の発足から3年間、情報公開請求をしやすくするために公文書管理法で作成が義務づけられている文書リストを作ってい なかったことが9日分かった。どんな文書があるか政府のサイトで検索できず、窓口でも閲覧できない状態が続いていた。規制委は「極めて不適切な状況。作成 を急ぐ」としている。

 ‥略‥担当者は「忘れていたわけではないが、いろんな組織が統合して発足したため、項目のずれなどを修正するのに時間がかかった」と説明した。規制委内のシステムではリスト化されており、情報公開請求の問い合わせがあった場合は、個別に調べて対応していたという》=15年10月10日07時10分 テレ朝ニュース 太字by海つばめ=。

 フムフム、なるほど、規制委員会ではリスト化されているがウェブ上にアップしてない訳か。

 「忘れていたわけではない」が「項目のずれなどを修正するのに時間」が掛かったのか、それなら仕方ない。

 ずれを修正するのだから時間も掛かるだろう。

 紙に書かれた年金原簿をデータ化するのもそれなりの時間が掛かっただろうし。

 きっと何万、何十万の文書があったんだろうな。

 でも、この記事を素直に読むと文書の「リスト化」のようだ。

 つまり、会議の名称、参加者、会場名等々だけをデータ化するだけではないか。

 文書そのものをデータ化するのなら大変だし時間も掛かるから忘れる事もあるだろう。

 しかし、表題等を作成するぐらいならそれほどの手間でもない。

 まあ、あれかな、面倒臭いからと先延ばししているうちに忘れてしまったとかかな。

 忘れていたにしろ故意に作成をしなかったにしろ、義務付けられている作業をしなかったのは職務専念義務に違反してないだろうか?。

 さて、この問題で処分者は出るのか、そこに注目しよう!!。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。